Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere 転送ルールと削除ルール » メッセージ転送ルール

 

サーバ側の転送ルール

デフォルト・ルールの設定

特定のメッセージ・ストアや送信先エイリアスに対してサーバ側の転送ルールを指定することも、すべてのクライアントに対してデフォルト・ルールを指定することもできます。明示的な転送ルールを使用するユーザを除き、すべてのユーザがデフォルト・ルールを使用します。

デフォルト・ルールを設定するには、ianywhere.server.defaultClient という特殊なクライアント名を使用します。

スケジュールされたサーバ側の転送ルール

スケジュールされたサーバ側の転送ルールを指定するときは、次の点に注意してください。

  • クライアントに対する自動ルールの評価は、そのクライアントが同期されるたび、および自動ルールの評価時に行われる。

  • クライアントに対するスケジュールされたルールの評価は、指定されたスケジュールで行われる。

  • ルールの評価により、現在ルール条件を満たしているメッセージを持つクライアントに対して、Push 通知が送信される。

  • クライアントが同期されるたびに、そのクライアントの自動ルールの条件を満たすメッセージがクライアントに転送される。

  • クライアントが前回同期された後でスケジュールされたルールによってそのクライアントに Push 通知が送信された場合に限り、次回の同期時にスケジュールされたルールの条件を満たすすべてのメッセージがクライアントに転送される。


転送ルール・ファイルによるサーバ側の転送ルールの指定 (旧式)