Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » サーバ管理要求

 

サーバ管理要求での転送ルールの指定

サーバ管理要求を使用して、すべてのユーザに適用されるサーバ側のデフォルトの転送ルールを指定したり、クライアントごとに転送ルールを指定したりできます。

サーバのデフォルトの転送ルールを指定するには、クライアント ianywhere.server.defaultClient の ianywhere.qa.server.rules プロパティを設定します。クライアントの場合は、ianywhere.qa.server.rules プロパティを使用してサーバの転送ルールを指定します。

サーバ管理要求の使い方の概要、サーバ管理要求の認証方法とスケジュールの設定方法については、サーバ管理要求の概要を参照してください。

次の例では、優先度の高い (優先度が 7 以上) メッセージだけを送信するデフォルト・ルールを作成します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<actions>
  <SetProperty>
    <prop>
      <client>ianywhere.server.defaultClient</client> 
      <name>ianywhere.qa.server.rules</name>
      <value>auto = ias_Priority &gt; 6</value>
    </prop>
  </SetProperty>
  <RestartRules>
    <client>ianywhere.server.defaultClient</client>
  </RestartRules>
</actions>

次の例では、内容のサイズが 100 未満で、午前 8 時から午後 6 時の営業時間内に送信する必要のあるメッセージのみを送信するルールを作成し、myClient というクライアントに適用します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<actions>
  <SetProperty>
    <prop>
      <client>myClient</client> 
      <name>ianywhere.qa.server.rules</name>
      <value>auto = ias_ContentSize &lt; 100 
        or ias_CurrentTime &gt; '8:00:00' 
        or ias_CurrentTime &lt; '18:00:00'</value>
    </prop>
  </SetProperty>
  <RestartRules>
    <client>myClient</client>
  </RestartRules>
</actions>