Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » セキュリティ保護されたメッセージング・アプリケーションの作成 » セキュリティ保護されたクライアント・メッセージ・ストアの作成

 

クライアント・メッセージ・ストアの暗号化

次のコマンドを使用すると、クライアント・メッセージ・ストアを作成時に暗号化できます。

dbinit -i -s -ek encryption-key database-file

小型デバイスにデータベースを作成する場合は、-i オプションと -s オプションが最適です。暗号化キーを使用してメッセージ・ストアを初期化した場合は、暗号化されたメッセージ・ストアに対してデータベース・サーバを起動するために、その暗号化キーが必要になります。

暗号化されたメッセージ・ストアに対して QAnywhere Agent を起動するには、次のコマンドを使用して、暗号化キーを指定します。QAnywhere Agent は、与えられた暗号化キーを使用して、暗号化されたメッセージ・ストアに対して自動的にデータベース・サーバを起動します。

qaagent -c "DBF=database-file;DBKEY=encryption-key"

これで、アプリケーションは、QAnywhere API を介して、暗号化されたメッセージ・ストアにアクセスできるようになります。メッセージ・ストアを管理するためのデータベース・サーバはすでに実行されているため、アプリケーションが暗号化キーを指定する必要はありません。

QAnywhere Agent が実行されていないときに、アプリケーションが暗号化されたメッセージ・ストアにアクセスする必要がある場合、QAnywhere API は、QAnywhere Manager 初期化ファイルに指定された接続パラメータを使用して自動的にデータベース・サーバを起動します。暗号化されたメッセージ・ストアに対してデータベース・サーバを起動するには、次のように、データベース接続パラメータ内に暗号化キーを指定する必要があります。

CONNECT_PARAMS=DBF=database-file;DBKEY=encryption-key
参照