Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » コネクタ

 

JMS コネクタ

JMS (Java Message Service) API は、Java アプリケーションにメッセージング機能を追加する役割を果たします。メッセージの交換は、QAnywhere クライアント・アプリケーション間だけでなく、JMS インタフェースをサポートする外部メッセージング・システムとの間でも行うことができます。これには、コネクタと呼ばれる特殊なクライアントを使用します。QAnywhere 配備では、外部メッセージング・システムを、QAnywhere クライアントと同様に動作するように設定します。これには、固有のアドレスと構成を使用します。

ここで説明したアプローチを採用したアーキテクチャの詳細については、外部メッセージング・システムとのメッセージングのシナリオを参照してください。

サーバ・ファーム環境で QAnywhere メッセージング対応 Mobile Link を実行すると、プライマリ・サーバの QAnywhere コネクタのみが起動します。プライマリ・サーバが失敗した場合、新しいプライマリ・サーバで QAnywhere コネクタが自動的に起動するため、JMS などの外部メッセージング・システムでデータを交換する間もメッセージの順序は保持されます。詳細については、Mobile Link サーバをサーバ・ファームで実行するを参照してください。