Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere SQL API リファレンス » メッセージのプロパティ、ヘッダ、内容 » メッセージ・ヘッダ

 

ml_qa_getaddress

メッセージの QAnywhere アドレスを返します。

パラメータ
項目 説明 備考
1 メッセージ ID VARCHAR(128)。メッセージ ID は、ml_qa_createmessage または ml_qa_getmessage から取得できます。
戻り値

VARCHAR(128) 型の QAnywhere のメッセージ・アドレス。QAnywhere のメッセージ・アドレスは、id\queue-name の形式を取ります。

このヘッダは、メッセージの受信後からロールバックまたはコミットが行われるまでの間に読み込むことができます。ロールバックまたはコミットが行われた後で読み込むことはできません。

参照

次の例では、メッセージを受信して、そのアドレスをデータベース・サーバ・メッセージ・ウィンドウに出力します。

begin
    declare @msgid varchar(128);
    declare @addr varchar(128);
    set @msgid = ml_qa_getmessage( 'myaddress' );
    set @addr = ml_qa_getaddress( @msgid );
    message 'message to address ' || @addr || ' received';
    commit;
end