Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere SQL API リファレンス » メッセージのプロパティ、ヘッダ、内容 » メッセージ・ヘッダ

 

ml_qa_getexpiration

メッセージの有効期限を返します。

パラメータ
項目 説明 備考
1 メッセージ ID VARCHAR(128)。メッセージ ID は、ml_qa_createmessage または ml_qa_getmessage から取得できます。
戻り値

TIMESTAMP 型の有効期限。有効期限がない場合は NULL が返されます。

備考

ml_qa_putmessage の処理が完了した後で、意図した受信者によって指定の時間内にメッセージが受信されない場合、メッセージは期限切れになります。期限切れになったメッセージは、QAnywhere のデフォルトの削除ルールを使って削除できます。

このヘッダは、メッセージの受信後からロールバックまたはコミットが行われるまでの間に読み込むことができます。ロールバックまたはコミットが行われた後で読み込むことはできません。

参照

次の例では、メッセージを受信して、その有効期限をデータベース・サーバ・メッセージ・ウィンドウに出力します。

begin
    declare @msgid varchar(128);
    declare @expires timestamp;
    set @msgid = ml_qa_getmessage( 'myaddress' );
    set @expires = ml_qa_getexpiration( @msgid );
    message 'message would have expired at ' || @expires || ' if it had not been received';
    commit;
end