Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere SQL API リファレンス » メッセージのプロパティ、ヘッダ、内容 » メッセージ・プロパティ

 

ml_qa_setstringproperty

指定されたメッセージ・プロパティを SQL LONG VARCHAR データ型で設定します。

パラメータ
項目 説明 備考
1 メッセージ ID VARCHAR(128)。メッセージ ID は、ml_qa_createmessage または ml_qa_getmessage から取得できます。
2 プロパティ名 VARCHAR(128)
3 プロパティ値 LONG VARCHAR
備考

メッセージの送信後にこのプロパティを変更することはできません。

参照

次の例では、メッセージを作成し、string 型プロパティ mystringproperty1 と mystringproperty2 を設定して、アドレス clientid\queuename に送信します。

begin
    declare @msgid varchar(128);
    set @msgid = ml_qa_createmessage();
    call ml_qa_setstringproperty( @msgid, 'mystringproperty1', 'c:\\temp' );
    call ml_qa_setstringproperty( @msgid, 'mystringproperty2',  'first line\nsecond line' );
    call ml_qa_putmessage( @msgid, 'clientid\queuename' );
    commit;
end