Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere SQL API リファレンス » メッセージの管理

 

ml_qa_putmessage

メッセージを送信します。

パラメータ
項目 説明 備考
1 メッセージ ID VARCHAR(128)。メッセージ ID は、ml_qa_createmessage または ml_qa_getmessage から取得できます。
2 アドレス VARCHAR(128)
備考

指定するメッセージ ID は、ml_qa_createmessage を使用して、すでに作成されていることが必要です。ml_qa_putmessage を呼び出す前にそのメッセージ ID に関連付けられていた内容、プロパティ、ヘッダだけが、メッセージとともに送信されます。ml_qa_putmessage の呼び出し後に追加されたものは無視されます。

送信のためにメッセージが実際にキューに登録される前に、コミットを実行する必要があります。

参照

次の例では、「a simple message」という内容のメッセージを作成し、アドレス clientid\queuename に送信します。

begin
    declare @msgid varchar(128);
    set @msgid = ml_qa_createmessage();
    call ml_qa_settextcontent( @msgid, 'a simple message' );
    call ml_qa_putmessage( @msgid, 'clientid\queuename' );
    commit;
end