Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » チュートリアル:TestMessage の解説

 

レッスン 1:メッセージング対応 Mobile Link の起動

背景

QAnywhere は、Mobile Link 同期を使用してメッセージを送受信します。クライアント間でやり取りされるメッセージは、いずれも中央の Mobile Link サーバを介して配信されます。典型的なシステムのアーキテクチャを次の図に示します。このアーキテクチャでは、QAnywhere クライアントが 2 つだけ使用されています。

QAnywhere システムのアーキテクチャ。クライアント・デバイス上の QAnywhere Agent は、アプリケーションからのメッセージを、Mobile Link サーバ経由で別のアプリケーションに渡します。

サーバ・メッセージ・ストアは、Mobile Link 統合データベースとして使用できるように構成されているデータベースです。TestMessage では、サーバ・メッセージ・ストアとして SQL Anywhere 統合データベースを使用します。

サーバ・メッセージ・ストアに必要なテーブルは Mobile Link システム・テーブルだけです。Mobile Link システム・テーブルは、Mobile Link 統合データベースとして設定された、サポートされているデータベースすべてに含まれています。

これらのシステム・テーブルは、Mobile Link によって管理されます。リレーショナル・データベースを使用すると、安全で高性能なメッセージ・ストアを実現できます。また、メッセージング機能を既存のデータ管理/同期システムに容易に統合できます。

通常、QAnywhere メッセージングは、複数の異なるコンピュータにまたがって実行されます。ただし、このチュートリアルでは、すべてのコンポーネントが 1 つのコンピュータで実行されます。サーバ上のアクティビティとクライアント上のアクティビティを混同しないように注意してください。

このレッスンでは、サーバ側でアクションを実行します。

アクティビティ

Mobile Link サーバは、-m オプションと、サーバ・メッセージ・ストアに接続するための接続文字列を指定して起動すると、メッセージングに対応した状態で起動できます。TestMessage では、サーバ・メッセージ・ストアとして QAnywhere サンプル・データベースを使用します。TestMessage サンプル・アプリケーションを使用するときには、コマンド・ライン・オプションを指定するか、SQL Anywhere インストール環境にあるサンプル・ショートカットをクリックするか、Sybase Central 用の QAnywhere プラグインを使用すると、Mobile Link サーバをメッセージングに対応した状態で起動できます。

♦  メッセージング・サーバを起動する
  1. [スタート] - [プログラム] - [SQL Anywhere 11] - [QAnywhere] - [Mobile Link QAnywhere のサンプル] を選択します。

    または、コマンド・プロンプトで次のコマンドを実行します。

    mlsrv11 -m -c "dsn=QAnywhere 11 Demo" -vcrs -zu+

    このコマンド・ラインでは、以下に示す mlsrv11 のオプションを使用します。

    オプション 説明
    -m

    メッセージングを有効にします。-m オプションを参照してください。

    -c

    サーバ・メッセージ・ストアに接続するための接続文字列を指定します。この例では、ODBC データ・ソース QAnywhere 11.0 Demo が接続文字列に含まれています。-c オプションを参照してください。

    -vcrs

    サーバのアクティビティに関する冗長ロギングを有効にします。開発時に指定すると便利です。-v オプションを参照してください。

    -zu+

    ユーザ名を自動的にシステムに追加します。このオプションは、チュートリアルや開発用に使用すると便利ですが、運用環境では通常使用しません。-zu オプションを参照してください。

  2. Mobile Link サーバ・ウィンドウを画面中央に移動します。これは、このチュートリアルのサーバになります。

参照