Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » コネクタ

 

チュートリアル:JMS コネクタの使用

JMS コネクタを使用すると、JMS メッセージ・システムと QAnywhere を接続できます。このチュートリアルでは、JMS クライアント・アプリケーションと QAnywhere クライアント・アプリケーションの間でメッセージを送信します。

必要なソフトウェア
  • SQL Anywhere 11

  • Java ソフトウェア開発キット

  • JMS コネクタ

前提知識と経験

次の知識と経験が必要です。

  • Java の知識

  • JMS コネクタの設定に関する基礎知識

目的

次の項目について、知識と経験を得ることができます。

  • サンプルの QAnywhere アプリケーションと通信するための JMS コネクタの設定

  • JMS メッセージ・システムとサンプルの QAnywhere アプリケーションの間でのメッセージの送信

主要な概念

ここでは、次の手順に従って、SQL Anywhere サンプル・データベースを使用した JMS メッセージ・システムと QAnywhere との接続を行います。

  • メッセージの送受信のための JMS コネクタの準備

  • QAnywhere サーバとクライアントのコンポーネント、および JMS クライアントの実行

  • QAnywhere クライアントと JMS クライアントの間でのメッセージの送信

関連項目

JMS コネクタの使用の詳細については、コネクタを参照してください。


レッスン 1:クライアントおよびサーバのコンポーネントの設定
レッスン 2:JMS クライアントから QAnywhere クライアントへのメッセージの送信
レッスン 3:QAnywhere クライアントから JMS クライアントへのメッセージの送信
チュートリアルのクリーンアップ