Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » チュートリアル:TestMessage の解説

 

レッスン 3:メッセージの送信

背景

このレッスンでは、TestMessage の saclient1 アプリケーションから saclient2 アプリケーションにメッセージを送信します。

アクティビティ
♦  TestMessage からメッセージを送信する
  1. [saclient1 - TestMessage] ウィンドウで、[Message] - [New] をクリックします。

  2. [Destination ID] フィールドに saclient2 と入力します。

  3. [Subject] フィールドに、現在時刻を入力します。現在時刻を使用すると、個々のメッセージを追跡しやすくなります。

  4. [Message] フィールドに sample と入力します。

  5. [Send] をクリックします。

  6. [OK] をクリックします。

  7. [saclient2 - TestMessage] ウィンドウで、メッセージを選択します。メッセージの内容が下ウィンドウ枠に表示されます。

説明

他の QAnywhere アプリケーション同様、TestMessage も QAnywhere API を使用してメッセージを管理しています。QAnywhere API は、C++ API、Java API、Microsoft .NET API、SQL API として提供されています。

参照