Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » モバイル Web サービス » モバイル Web サービスの概要

 

モバイル Web サービスの設定

次の手順には、モバイル Web サービスの設定に必要なタスクの概要が記載されています。

♦  モバイル Web サービス設定の概要
  1. サーバ・メッセージ・ストアがない場合は設定します。

    サーバ・メッセージ・ストアの設定を参照してください。

  2. -m オプションを指定して Mobile Link サーバを起動し、サーバ・メッセージ・ストアへの接続を開始します。

    有効な Mobile Link での QAnywhere の起動を参照してください。

  3. クライアント・メッセージ・ストアがない場合は設定します。このメッセージ・ストアは、メッセージを一時的に格納するための SQL Anywhere データベースです。

    クライアント・メッセージ・ストアの設定を参照してください。

  4. iAnywhere WSDL コンパイラを実行し、アプリケーションで使用するクラスを作成します。

    iAnywhere WSDL コンパイラの実行を参照してください。

  5. 各クライアントで、WSDL コンパイラによって生成されたクラスを使用する Web サービス・クライアント・アプリケーションを記述します。

    モバイル Web サービス・アプリケーションの記述を参照してください。

  6. Web サービス・コネクタを作成します。

    Web サービス・コネクタを参照してください。

  7. クライアントごとに、ローカルのクライアント・メッセージ・ストアに接続する QAnywhere Agent (qaagent) を起動します。

    QAnywhere Agent の起動を参照してください。

クイック・スタートのためのその他の資料