Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere クライアント・アプリケーションの作成 » QAnywhere メッセージの参照

 

特定のキューに登録されているメッセージの参照

特定のキューに登録されているメッセージを参照するには、目的のキューの名前を指定して、適切な browseMessagesByQueue() メソッドを呼び出します。

次の .NET の例では、QAManager.BrowseMessagesByQueue メソッドを使用して、特定のキューのメッセージを参照します。

QAMessage msg;
IEnumerator msgs = mgr.BrowseMessagesByQueue( "q1" );
while( msgs.MoveNext() ) {
  msg = (QAMessage)msgs.Current;
  // Process message.
}

次の C++ の例では、QAManager browseMessagesByQueue 関数を使用して、特定のキューのメッセージを参照します。

QAMessage *msg;
qa_browse_handle bh = mgr->browseMessagesByQueue( _T("q1") );
for (;;) {
  msg = mgr->browseNextMessage( bh );
  if( msg == qa_null ) {
    break;
  }
  // Process message.
}
mgr->browseClose( bh );

次の Java の例では、QAManager.browseMessagesByQueue メソッドを使用して、特定のキューのメッセージを参照します。

QAMessage msg;
java.util.Enumeration msgs = mgr.browseMessagesByQueue( "q1" );
while( msgs.hasMoreElements() ) {
  msg = (QAMessage)msgs.nextElement();
  // Process message.
}
参照