Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » メッセージ

 

QAnywhere メッセージの概要

QAnywhere メッセージは、次の要素から構成されています。

メッセージ・プロパティは、転送ルールや削除ルールで参照したり、アプリケーションで参照したりできます。

次の項ではメッセージ・ヘッダとプロパティについて説明します。また、ヘッダとプロパティを QAnywhere メッセージに設定する方法についても説明します。

注意
  • メッセージ・ヘッダ、メッセージ・プロパティ、メッセージの内容を、メッセージの送信後に変更することはできません。

  • メッセージ・ヘッダ、メッセージ・プロパティ、メッセージの内容は、メッセージの受信後に読み込むことができます。QAnywhere SQL API を使用している場合は、コミットまたはロールバックが発生すると、メッセージ・ヘッダ、メッセージ・プロパティ、メッセージの内容が読み込み不可能になります。

  • 内容は、すべての API で確認またはコミットが行われると読み込み不可能になります。