Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere Agent ユーティリティのリファレンス » qauagent ユーティリティ

 

-c オプション

クライアント・メッセージ・ストアに接続するための文字列を指定します。

構文
qauagent -c connection-string ...
デフォルト
接続パラメータ デフォルト値
uid ml_qa_user
pwd qanywhere
備考

接続文字列では、接続パラメータを keyword=value の形式で指定します。パラメータとパラメータの間はセミコロンで区切り、スペースは入れないでください。

通常、DSN はクライアント・デバイスで使用されません。ODBC は qauagent で使用されません。

以下に、よく使用する接続パラメータの一部を示します。

  • dbf=filename   指定されたファイル名を持つメッセージ・ストアに接続します。Ultra Light DBF 接続パラメータを参照してください。

  • dbn=database-name   データベース・ファイルではなくデータベース名を指定して、すでに実行されているクライアント・メッセージ・ストアに接続します。Ultra Light DBN 接続パラメータを参照してください。

  • uid=user   クライアント・メッセージ・ストアに接続するためのデータベース・ユーザ ID を指定します。このパラメータは、デフォルトの UID または PWD 接続パラメータを変更する場合に必要となります。Ultra Light UID 接続パラメータを参照してください。

  • pwd=password   データベース・ユーザ ID に対応するパスワードを指定します。このパラメータは、デフォルトの UID または PWD 接続パラメータを変更する場合に必要となります。Ultra Light PWD 接続パラメータを参照してください。

  • dbkey=key   データベースにアクセスするための暗号化キーを指定します。Ultra Light DBKEY 接続パラメータを参照してください。

参照
qauagent -id Device1 -c "DBF=qanyclient.db" -x tcpip(host=hostname) -policy automatic