Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere Agent ユーティリティのリファレンス » qauagent ユーティリティ

 

-v オプション

このオプションを使用すると、メッセージ・ログ・ファイルに出力する情報と、QAnywhere Ultra Light Agent コンソールに表示する情報を指定できます。

構文
qauagent -v levels ...
デフォルト

最低の冗長レベル

備考

-v オプションは、ログ・ファイルとコンソールに影響します。qauagent コマンド・ラインで -o または -ot を指定すると、メッセージ・ログだけが記録されます。

冗長レベルを上げ過ぎるとパフォーマンスに影響する可能性があるので、通常は冗長レベルを上げるのは開発段階だけにしてください。

-v を単独で指定すると、最小限の情報のログが取られます。

levels の値は次のとおりです。-vlm のように、一度に 1 つ以上のオプションを指定することもできます。

  • +   すべてのロギング・オプションを有効にします。

  • l   Mobile Link Listener のロギングをすべて表示します。このオプションを指定すると、Mobile Link Listener (dblsn) が冗長レベル -v3 で起動されます。Windows デバイス用の Listener ユーティリティの -v オプションを参照してください。

  • m   同期のロギングをすべて表示します。

  • n   ネットワーク・ステータス変化通知をすべて表示します。QAnywhere Ultra Light Agent は、これらの通知を Listener ユーティリティから受信します。

  • p   Push 通知をすべて表示します。QAnywhere Ultra Light Agent は、これらの通知を、Mobile Link サーバ上の Mobile Link Notifier を介して Listener ユーティリティから受信します。

  • q   転送ルールを表すために使用される SQL を表示します。

  • s   QAnywhere Ultra Light Agent によって開始されたメッセージ同期をすべて表示します。

参照