Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere 11 - 変更点とアップグレード » SQL Anywhere 11 へのアップグレード » Mobile Link のアップグレード

 

SQL Anywhere Mobile Link クライアントのアップグレード

運用環境では、統合データベースと Mobile Link サーバの両方をアップグレードしてから、SQL Anywhere リモート・データベースをアップグレードします。

バージョン 10.0.0 で、Adaptive Server Anywhere は SQL Anywhere に名前が変更されました。

検討すべきアップグレードは複数あります。

  • ソフトウェアのアップグレード

  • リモート・データベース自体のアップグレード

  • アプリケーション全体のアップグレード

警告

Mobie Link 同期に関連するデータベースのアップグレードは、同期が正常に完了した直後に行う必要があります。また、データベースを検証およびバックアップする必要があります。

ソフトウェアのアップグレード

dbmlsync と SQL Anywhere データベース・サーバは同時にアップグレードすることをおすすめします。リモート・データベースをアップグレードしてから、新しい dbmlsync ユーティリティを実行してください。

バージョン 11 の Mobile Link クライアントでは、同期を実行するためにバージョン 11 の Mobile Link サーバが必要です。バージョン 11 の Mobile Link クライアントは、バージョン 11 より前の Mobile Link サーバとは同期しません。

Mobile Link のアップグレードについては、Mobile Link のアップグレードを参照してください。

リモート・データベースのアップグレード

Mobile Link SQL Anywhere リモート・データベースは、SQL Anywhere データベースのアップグレードと同じ手順でアップグレードできます。手順については、SQL Anywhere のアップグレードを参照してください。

スキーマの変更やデータベースでのその他の重要な変更などがある場合は、手動でアンロードと再ロードを行う必要があります。

♦  SQL Anywhere リモート・データベースを手動でアンロードおよび再ロードするには、次の手順に従います。
  1. すべてのデータベース・アクティビティを停止します。

  2. 同期が正常に完了してから、リモート・データベースを検証し、バックアップします。

  3. dbtran ユーティリティを実行してデータベースのトランザクション・ログの開始オフセットと終了オフセットを表示します。終了オフセットをメモしてください。

    ログ変換ユーティリティ (dbtran)を参照してください。

  4. トランザクション・ログの名前を変更します。これにより、アンロード中にトランザクション・ログが修正されるのを回避できます。名前変更したログ・ファイルを、オフライン・ディレクトリなどの安全なロケーションに移動します。

  5. データベースをアンロードします。

    バージョン 9 以前のデータベースをバージョン 11 用に再構築を参照してください。

  6. 新しいデータベースを初期化します。

    初期化ユーティリティ (dbinit)を参照してください。

  7. データを新しいデータベースに再ロードします。

    バージョン 9 以前のデータベースをバージョン 11 用に再構築を参照してください。

  8. 新しいデータベースを停止します。

  9. 新しいデータベースのトランザクション・ログを消去します。

  10. 次のオプションを使用して、新しいデータベースで dblog を実行します。

    • -z を使用して、メモした終了オフセットを指定します。
    • -x を使用して、相対オフセットをゼロに設定します。

    次に例を示します。

    dblog -x 0 -z 137829 database-name.db

    トランザクション・ログ・ユーティリティ (dblog)を参照してください。

  11. dbmlsync を起動し、移動した元のログ・ファイルの場所を指定します。

    dbmlsync 構文を参照してください。

  12. 古いログ・ファイルが不要な場合は、データベース・オプション delete_old_logs を設定します。

    delete_old_logs オプション [Mobile Link クライアント] [SQL Remote] [Replication Agent]を参照してください。

アプリケーションのアップグレード

Mobile Link アプリケーションの新しいバージョンを配備する場合、同期スクリプトには新しいバージョンの名前を使用することをおすすめします。たとえば、既存のアプリケーションで v1 というスクリプト・バージョンを使用している場合は、アップグレードしたアプリケーションでは v2 という名前のスクリプト・バージョンを使用します。この 2 つのスクリプト・バージョンは同時に使用できます。これにより、一度にではなく、段階的にリモート・データベースをアップグレードすることがより簡単になります。

バージョン 9.0.0 以降では、Mobile Link サーバ の -zd オプションは削除されています。配備環境で -zd オプションを使用している場合、アップグレードを行うには、最後のダウンロード・タイムスタンプが最初のパラメータとして採用されるようダウンロード・スクリプトを変更します。また、クライアントをアップグレードして名前付きパラメータの使用を開始することで、スクリプト・パラメータを任意の順序で配置できます。