Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere 11 - 変更点とアップグレード » バージョン 11.0.1 の新機能 » SQL Anywhere の新機能

 

システム・プロシージャと関数

次に、SQL Anywhere バージョン 11.0.1 で追加されたシステム・プロシージャと関数の強化を示します。

  • sa_get_table_definition システム・プロシージャ   新しい sa_get_table_definition システム・プロシージャは、指定されたテーブルおよびそのインデックス、外部キー、トリガ、付与されたパーミッションの作成に必要な SQL 文を含む LONG VARCHAR 文字列を返します。sa_get_table_definition システム・プロシージャを参照してください。

  • FIRST_VALUE 関数 [集合]   FIRST_VALUE 関数 [集合] に RESPECT NULLS 句が含まれるようになりました。FIRST_VALUE 関数 [集合]を参照してください。

  • LAST_VALUE 関数 [集合]   LAST_VALUE 関数 [集合] に RESPECT NULLS 句が含まれるようになりました。LAST_VALUE 関数 [集合]を参照してください。

  • sa_set_http_option システム・プロシージャ   AcceptCharset オプションにより、文字セットをより柔軟に選択できるようになりました。sa_set_http_option システム・プロシージャを参照してください。