Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere 11 - 変更点とアップグレード » バージョン 11.0.1 の新機能

 

Mobile Link の新機能

次に、バージョン 11.0.1 で導入された Mobile Link の追加機能を示します。

  • mlsrv11 の -vi オプション   アップロードされた各ローのカラム値を表示します。-v オプションを参照してください。

  • mlsrv11 の -vq オプション   ダウンロードされた各ローのカラム値を表示します。-v オプションを参照してください。

  • mlsrv11 の -vm オプション   同期が完了するたびに、各同期と各同期フェーズの継続時間をログに出力します。-v オプションを参照してください。

  • mlsrv11 の -ppv オプション   指定された期間に従って、Mobile Link が新しい定期モニタリングの値を出力するようにします。-ppv オプションを参照してください。

  • ml_ignore プレフィクス   Mobile Link サーバでは、--{ml_ignore} で始まる SQL スクリプトが、意図的に無視するスクリプトとして認識されます。スクリプトの無視を参照してください。

  • dblsn の -sv オプション   データベースを認証するために Mobile Link Listener が使用するスクリプト・バージョンを指定します。-sv オプションを参照してください。

  • Oracle VArray のサポート   iAnywhere Solutions 11 - Oracle ODBC ドライバで、ストアド・プロシージャでの Oracle VArray の使用がサポートされるようになりました。Oracle varray の使用を参照してください。

  • ライトウェイト・ポーリングのリスナ・キーワード変数   ライトウェイト・ポーリングをサポートする、poll_connect、poll_notifier、poll_key、poll_every の各リスナ・キーワードが追加されました。

  • ライトウェイト・ポーリングのアクション変数   ライトウェイト・ポーリングをサポートする、$poll_connect、$poll_notifier、$poll_key、$poll_every の各アクション変数が追加されました。

  • Common Access Card を使用したクライアント認証   Mobile Link クライアントで、Common Access Card (CAC) のクライアント ID を使用した認証がサポートされるようになりました。identity_nameを参照してください。

    別途ライセンスが必要な必須コンポーネント

    この機能は CAC 認証アドオンの一部であり、別途ライセンスが必要です。別途ライセンスが必要なコンポーネントを参照してください。

  • Microsoft SQL Server 2008 のサポート   Mobile Link 同期サーバで、Microsoft SQL Server 2008 で実行されている統合データベースがサポートされるようになりました。Microsoft の新しい DATE、TIME、DATETIME2 の各データ型のマッピングについては、Microsoft SQL Server データのマッピングを参照してください。

  • .NET DownloadTableData インタフェースの新しいメソッド   getLastDownloadTime メソッドによってテーブルの最終ダウンロード時刻が返されます。GetLastDownloadTime メソッドを参照してください。

  • 対象 Mobile Link ユーザとリモート ID に対する ログの冗長性   対象とする Mobile Link ユーザまたはリモート ID に異なるログの冗長性を設定できるようになりました。対象 Mobile Link ユーザとリモート ID に対する ログの冗長性を参照してください。