Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere 11 - 変更点とアップグレード » バージョン 10.0.0 の新機能 » SQL Anywhere » 新機能

 

システム・プロシージャと関数

次に、新しいシステム・プロシージャと関数、および既存のシステム・プロシージャと関数への新しい拡張機能を示します。

  • DEFAULT 句をサポートするためのすべてのプロシージャと関数の強化   プロシージャとユーザ定義の関数では、値 DEFAULT に対応するパラメータがデフォルト値として定義されている場合、DEFAULT を引数として使用できます。プロシージャに複数のパラメータがあり、デフォルトに設定されていないパラメータがある場合は、名前付きのパラメータを使用するよりも、引数リストで DEFAULT を指定する方が簡単な場合があります。また、名前付きのパラメータは、関数呼び出しで使用できません。

  • 新しいシステム・プロシージャ   次のシステム・プロシージャが追加されました。

    • sa_clean_database システム・プロシージャ   指定した時間中、データベース・クリーナを実行します。sa_clean_database システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_column_stats システム・プロシージャ   sa_column_stats システム・プロシージャは、指定されたカラムについて文字列に関連する統計値を返します。sa_column_stats システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_conn_list システム・プロシージャ   sa_conn_list システム・プロシージャは、接続 IDを返します。sa_conn_list システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_conn_options システム・プロシージャ   sa_conn_options システム・プロシージャは、データベース・オプションに対応する接続プロパティのプロパティ情報を返します。sa_conn_options システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_db_list システム・プロシージャ   sa_db_list システム・プロシージャは、データベース IDを返します。sa_db_list システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_describe_query システム・プロシージャ   sa_describe_query システム・プロシージャは、カラムごとに 1 つのローを返し、結果の式とその NULL 入力属性のドメインを記述します。このプロシージャは、各カラムで EXPRTYPE 関数を実行することと同じです。sa_describe_query システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_get_bits システム・プロシージャ   sa_get_bits システム・プロシージャは、ビット文字列を復号化し、ビットの値を示すビット文字列の各ビットについて 1 つのローを返します。sa_get_bits システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_make_object システム・プロシージャ   sa_make_object システム・プロシージャで、イベントをオブジェクト・タイプとして指定できるようになりました。sa_make_object システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_materialized_view_info システム・プロシージャ   sa_materialized_view_info システム・プロシージャは、指定したマテリアライズド・ビューの情報 (ステータス、ビューの所有者など) を返します。sa_materialized_view_info システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_refresh_materialized_views システム・プロシージャ   sa_refresh_materialized_views システム・プロシージャは、データベース内で現在初期化されていないすべてのマテリアライズド・ビューをリフレッシュします。sa_refresh_materialized_views システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_remove_tracing_data システム・プロシージャ   このプロシージャは、診断トレーシング・テーブルから指定したロギング・セッションのすべてのレコードを永続的に削除します。sa_remove_tracing_data システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_save_trace_data システム・プロシージャ   このプロシージャは、テンポラリ・トレーシング・テーブルからベース・テーブルにデータを保存します。sa_save_trace_data システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_set_tracing_level システム・プロシージャ   プロファイルされるデータベースに対して生成されるトレーシング・データのレベルを設定します。sa_set_tracing_level システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_snapshots システム・プロシージャ   データベースで現在アクティブなスナップショットのリストを返します。sa_snapshots システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_split_list システム・プロシージャ   値のリストを表す文字列を引数に取り、そのリストを含む結果セットを返します。sa_split_list システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_table_stats システム・プロシージャ   各テーブルから読み込まれたページ数に関する情報を返します。sa_table_stats システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_transactions   データベースに対して現在実行しているトランザクションのリストを返します。sa_transactions システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_unload_cost_model と sa_load_cost_model システム・プロシージャ   新しいシステム・プロシージャ sa_unload_cost_model と sa_load_cost_model を使用して、コスト・モデルをデータベースからアンロードし、別のデータベースにロードできるようになりました。これによって、同じようなハードウェア・インストールが大量にある場合に、繰り返し行われる時間のかかる再調整作業がなくなりました。sa_unload_cost_model システム・プロシージャsa_load_cost_model システム・プロシージャを参照してください。

  • 新しい関数   次の関数が追加されました。

    • BIT_LENGTH 関数   配列内に格納されたビット数を返します。BIT_LENGTH 関数 [ビット配列]を参照してください。

    • BIT_SUBSTR 関数   ビット配列のサブ配列を返します。BIT_SUBSTR 関数 [ビット配列]を参照してください。

    • BIT_AND 関数   2 個のビット配列を引数に取り、引数をビット処理 AND 演算した結果を返します。このとき、比較される各ビットで、両方のビットが 1 の場合は 1 を、それ以外の場合は 0 を返します。BIT_AND 関数 [集合]を参照してください。

    • BIT_OR 関数   2 個のビット配列を引数に取り、引数をビット処理で OR 演算した結果を返します。このとき、比較される各ビットで、片方 (または両方) のビットが 1 の場合は 1 を、それ以外の場合は 0 を返します。BIT_OR 関数 [集合]を参照してください。

    • BIT_XOR 関数   2 個のビット配列を引数に取り、引数をビット処理排他 OR 演算した結果を返します。このとき、比較される各ビットで、(両方のビットではなく) 片方のビットだけが 1 の場合は 1 を、それ以外の場合は 0 を返します。BIT_XOR 関数 [集合]を参照してください。

    • COUNT_SET_BITS 関数   配列で 1 (TRUE) に設定されたビットの数を返します。COUNT_SET_BITS 関数 [ビット配列]を参照してください。

    • GET_BIT 関数   ビット配列で指定したビットの値 (1 または 0) を返します。GET_BIT 関数 [ビット配列]を参照してください。

    • REVERSE 関数   この新しい関数は、文字式のリバースを返します。REVERSE 関数 [文字列]を参照してください。

    • SET_BIT 関数   ビット配列の特定ビットの値を設定します。SET_BIT 関数 [ビット配列]を参照してください。

    • SET_BITS 関数   指定したビット (ロー・セットからの値に対応するビット) が 1 (TRUE) に設定されたビット配列を作成します。SET_BITS 関数 [集合]を参照してください。

    • TRACED_PLAN 関数   トレーシング・データと、クエリがトレースされたときのオプティマイザの状態に関する情報を使用して、クエリのグラフィカルなプランを生成します。TRACED_PLAN 関数 [その他]を参照してください。

  • さまざまなシステム・プロシージャと関数の強化   次のシステム・プロシージャと関数が強化されました。

    • プロパティ関数の強化   プロパティ関数が LONG VARCHAR を返すようになりました。

      次の項を参照してください。

    • DB_EXTENDED_PROPERTY 関数の強化   DB_EXTENDED_PROPERTY 関数で NextScheduleTime データベース・プロパティを使用して、イベントの次にスケジュールされている実行時刻を取得できるようになりました。CHAR 文字セットの拡張情報を返す関数も使用できます。DB_EXTENDED_PROPERTY 関数 [システム]を参照してください。

    • 新しい CONNECTION_EXTENDED_PROPERTY 関数   CONNECTION_EXTENDED_PROPERTY 関数を使用して、特定の接続パラメータの拡張情報を検索できます。CONNECTION_EXTENDED_PROPERTY 関数 [文字列]を参照してください。

    • sa_procedure_profile システム・プロシージャ   sa_procedure_profile システム・プロシージャでは、出力をファイルに保存できるようになりました。また、新しい構文が追加され、いくつかのパラメータが必須になり、新しい使用方法が追加されました。sa_procedure_profile システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_procedure_profile_summary システム・プロシージャ    sa_procedure_profile_summary システム・プロシージャでは、出力をファイルに保存できるようになりました。また、新しい構文が追加され、いくつかのパラメータが使用できるようになり、新しい使用方法が追加されました。sa_procedure_profile_summary システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_server_option システム・プロシージャ   sa_server_option システム・プロシージャを使用すると、データベース・サーバの実行中に設定を変更できます。次の設定を変更できるようになりました。

      • CacheSizingStatistics プロパティ   キャッシュ・サイズが変更されるたびに、データベース・サーバ・メッセージ・ウィンドウにキャッシュ情報を表示します。

      • CollectStatistics プロパティ   データベース・サーバのパフォーマンス・モニタの統計値を収集します。

      • ConsoleLogFile プロパティ   データベース・サーバ・メッセージ・ウィンドウの情報が記録される出力ファイルの名前を指定します。

      • ConsoleLogMaxSize プロパティ   データベース・サーバ・メッセージ・ウィンドウ情報の記録に使用される出力ファイルの最大サイズを指定します。

      • DebuggingInformation プロパティ   トラブルシューティング目的で診断通信メッセージやその他のメッセージを表示します。

      • IdleTimeout サーバ・オプション   指定された時間の間、要求を送信しなかった TCP/IP 接続または SPX 接続を切断します。

      • ProfileFilterConn プロパティ   その他の接続によるデータベースの使用を妨げることなく、特定の接続 ID のプロファイリング情報を取得します。

      • RequestFilterDB プロパティ   sa_server_option システム・プロシージャを使用して、要求ロギング用の単一データベースに対する接続をフィルタできるようになりました。

      • RequestLogging プロパティ   要求ログでブロック・イベント、アンブロック・イベント、プラン情報、プロシージャ、トリガを記録できるようになりました。

      • RequestTiming プロパティ   要求タイミングをオンにすると、各要求のタイミング情報を管理するように、データベース・サーバに指示されます。

      詳細については、sa_server_option システム・プロシージャを参照してください。

    • xp_startsmtp システム・プロシージャの強化   xp_startsmtp システム・プロシージャでは、smtp_user_name、smtp_auth_username、smtp_auth_password の新しい 3 つのパラメータ サポートされています。xp_startsmtp システム・プロシージャを参照してください。

    • xp_sendmail システム・プロシージャの強化   xp_sendmail システム・プロシージャが、include_file パラメータを使用することで、SMTP を使用してメールを送信するときに添付ファイルをサポートするようになりました。また xp_sendmail では、content_type パラメータを使用することで、SMTP メールを使用するときの MIME コンテンツをサポートします。xp_sendmail システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_conn_info システム・プロシージャが新しいプロパティ値を返す   sa_conn_info システム・プロシージャが、追加プロパティ ClientPort、ServerPort、LockTable を返すようになりました。また、LastIdel プロパティを返さなくなり、UncmtOps 値の名前は UncommitOps に変更されました。sa_conn_info システム・プロシージャを参照してください。

    • sa_performance_diagnostics がより多くの情報を返す   スナップショット・アイソレーションの使用時に、sa_performance_diagnostics システム・プロシージャが LockCount と SnapshotCount を返すようになりました。sa_performance_diagnostics システム・プロシージャを参照してください。

    • HASH 関数の強化   HASH 関数で新しいアルゴリズム SHA256、SHA1_FIPS、SHA256_FIPS を使用できるようになりました。FIPS 関連のアルゴリズムは、FIPS 認定ソフトウェアを使用するシステムのみで使用されます。HASH 関数 [文字列]を参照してください。

    • COMPRESS 関数と DECOMPRESS 関数で新しいアルゴリズムをサポート   関数で文字列を圧縮および解凍するために gzip アルゴリズムを使用できるようになりました。COMPRESS 関数 [文字列]DECOMPRESS 関数 [文字列]を参照してください。