Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere 11 - 変更点とアップグレード » バージョン 10.0.0 の新機能 » Sybase Central と Interactive SQL

 

新機能

次に、バージョン 10.0.0 で導入された Sybase Central と Interactive SQL の追加機能を示します。

Sybase Central

この項では、Sybase Central の新機能について説明します。Sybase Central プラグインに対する変更点や追加機能は、次の項で説明します。

  • Sybase Central タスク・リスト   Sybase Central の左ウィンドウ枠で、データベースのツリー構造ではなく、タスクを表示できます。タスク・リストには、現在選択されているオブジェクトに関連した共通のタスクが表示されます。タスク・リストには、共通のタスク、ナビゲーション・オプション、マニュアルへのリンクがあります。Sybase Central のナビゲーションを参照してください。

  • 新しい接続メニュー   以前のリリースでは、[F11] キーを押して [新しい接続] ウィンドウを開き、接続するプラグインを選択できました。今回のリリースでは、[接続] メニューが用意され、使用するプラグインを選択できるようになりました。[新しい接続] ウィンドウは削除されましたが、[F11] キーを押すと、設定に使用するプラグインを選択できる [接続] メニューが開きます。

  • 接続プロファイルの強化   Sybase Central 接続プロファイルに説明を追加できるようになりました。接続プロファイルはインポートやエクスポートもできます。

  • プラグインの検索   Sybase Central で [表示] - [検索ウィンドウ枠] を選択することで、プラグインとデータベースから指定されたテキストを含むオブジェクトを検索できるようになりました。

  • コンテキスト・ドロップダウン・リスト   新しい [コンテキスト] ドロップダウン・リストには、現在オブジェクト・ツリーで選択されているオブジェクトが表示され、プラグイン間を簡単にナビゲーションできます。これは、左ウィンドウ枠でオブジェクト・ツリーを開いていない場合に特に便利です。

SQL Anywhere プラグイン
  • [デッドロック] データベース・タブ   Sybase Central で SQL Anywhere データベースに接続しているときに、[デッドロック] タブでデッドロックについての情報を表示できます。Sybase Central からデッドロックの表示を参照してください。

  • ER (実体関連) 図   Sybase Central では、データベースの ER (実体関連) 図が表示され、データベース内のテーブルとその外部キーの関係が示されます。SQL Anywhere プラグインからの ER 図の表示を参照してください。

  • 新しいスケジュール作成ウィザードとその他の [イベント] フォルダの強化   スケジュールされたイベントの場合は、イベントがトリガされる次のスケジュールされた時刻が [イベント] フォルダに表示されるようになりました。条件イベントの場合は、このフォルダにはシステム・イベントと、オプションでそのイベントがトリガされるトリガ条件が表示されます。スケジュールは新しいスケジュール作成ウィザードを使用して作成されます。新しいスケジュールされたイベントを作成するときは、イベント・ウィザードでイベントを作成できますが、必要に応じて後から追加スケジュールをイベントに追加できます。スケジュールの定義を参照してください。

  • メンテナンス・プラン   データベースの検証とバックアップを自動的に行うスケジュールを設定でき、その出力ログを電子メールで自分に送信できます。メンテナンス・プランの作成を参照してください。

  • 新しいデータベース・リストア・ウィザード   データベース・リストア・ウィザードを使用して、アーカイブ・バックアップからデータベースをリストアできるようになりました。アーカイブ・バックアップからのリストアを参照してください。

  • Sybase Central と Interactive SQL のエディタの強化   Sybase Central と Interactive SQL の [オプション] ウィンドウの [フォーマット] タブで、エディタ・ウィンドウで使用するフォントを選択できます。データベース・オブジェクト名の入力補完オプションがエディタに追加されました。テキスト補完の使用を参照してください。

Sybase Central の新しいプラグイン
  • QAnywhere プラグイン   QAnywhere プラグインは、QAnywhere アプリケーションの作成と管理に使用する、使いやすいグラフィカルなインタフェースを提供します。

    Sybase Central 用の新しい QAnywhere プラグインを参照してください。

  • Ultra Light プラグイン   Ultra Light プラグインを使用して、Ultra Light データベースの作成、変更、管理をグラフィカルなユーザ・インタフェースから実行できるようになりました。

    グラフィカルな管理ツールを参照してください。

  • Mobile Link の同期モデル作成ウィザードとモデル・モード   ウィザードを使用して同期モデルを作成したり、新しいモデル・モードを使用して Mobile Link プラグインのモデルを編集したりすることができるようになりました。Mobile Link サーバ起動同期も設定できます。Mobile Link プラグインの従来の機能も強化され、管理モードで保存されます。

    Sybase Central の Mobile Link プラグインの強化を参照してください。

Interactive SQL
  • Interactive SQL による Ultra Light データベースへの接続   Interactive SQL を使用して、Ultra Light データベースで SQL 文の開発とテストを実行できるようになりました。ulisql ユーティリティは廃止される予定です。グラフィカルな管理ツールを参照してください。

  • Interactive SQL とサード・パーティのソース制御システムの統合   Interactive SQL はサード・パーティのソース制御システムと統合でき、Interactive SQL 内からファイルに対する一般的なソース制御操作 (チェック・イン、チェック・アウト、古いバージョンとの比較など) を実行できます。ソース制御の統合の使用を参照してください。

  • 新しい Interactive SQL オプション   isql_maximum_displayed_rows オプションを使用すると、Interactive SQL の結果セットに表示されるローの数を指定できます。また、isql_show_multiple_result_sets オプションは、Interactive SQL の [結果] ウィンドウ枠に複数の結果セットを表示できるかどうかを指定します。isql_maximum_displayed_rows オプション [Interactive SQL]isql_show_multiple_result_sets [Interactive SQL]を参照してください。

  • テキスト補完   Interactive SQL に入力補完オプションが備わり、テーブル、ビュー、カラム、ストアド・プロシージャ、システム関数の名前を補完できるようになりました。テキスト補完の使用を参照してください。

  • Interactive SQL での DESCRIBE 文のサポート   DESCRIBE 文を使用すると、指定されたテーブルやプロシージャについて次の情報を取得できます。

    • テーブルで見つかったすべてのカラム
    • テーブルで見つかったすべてのインデックス
    • ストアド・プロシージャで使用されるすべてのパラメータ

    DESCRIBE 文 [Interactive SQL]を参照してください。

  • Interactive SQL での @data オプションのサポート   Interactive SQL をコマンド・プロンプトから開始するときに @data オプションを指定すると、指定の環境変数や設定ファイルからオプションを読み込むことができます。Interactive SQL ユーティリティ (dbisql)を参照してください。

SQL Anywhere コンソール・ユーティリティ
  • SQL Anywhere での @data オプションのサポート   SQL Anywhere コンソールをコマンド・プロンプトから開始するときに @data オプションを指定すると、指定の環境変数や設定ファイルからオプションを読み込むことができます。SQL Anywhere コンソール・ユーティリティ (dbconsole)を参照してください。