Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere 11 - 変更点とアップグレード » バージョン 10.0.0 の新機能 » QAnywhere

 

動作の変更と廃止予定機能

次に、バージョン 10.0.0 で導入された QAnywhere の変更を示します。

QAnywhere クライアントの変更
  • クライアント・メッセージ・ストア ID の変更   クライアント・メッセージ・ストア ID は Mobile Link のリモート ID になりました。以前は、Mobile Link ユーザ名でした。統合データベースでリモート ID を登録する必要はありません。ただし、Mobile Link ユーザ名はサーバ・メッセージ・ストアで登録する必要があります。Mobile Link ユーザ名を指定しない場合は、デフォルトでクライアント・メッセージ・ストア ID が指定されます。

    Mobile Link ユーザ名を管理するために、新しい qaagent オプションが用意されています。次の項を参照してください。

  • 新しい ODBC ドライバ   Adaptive Server Enterprise と DB2 サーバ・メッセージ・ストアに接続するための iAnywhere Solutions ODBC ドライバは、変更されています。

    Mobile Link、QAnywhere、リモート・データ・アクセスで使用される ODBC の変更を参照してください。

QAnywhere Agent の変更
  • qaagent -port の削除   -port オプションは、QAnywhere Agent が Listener からの通信を受信するポート番号を指定するオプションでした。このオプションは不要になり、削除されました。空きポートが自動的に使用されます。

  • qaagent -la_port の置き換え   -la_port オプションは -lp オプションで置き換えられました。

    -lp オプションを参照してください。

  • qaagent -push_notifications の名前の変更   このオプションは -push という名前になりました。永続的な接続を使用した、または使用しない Push 通知を有効にできるようになりました。

    -push オプションを参照してください。

  • ポリシーのデフォルトの変更   デフォルトのポリシーが自動 (automatic) になりました。以前のデフォルト値は、スケジュール済み (scheduled) です。デフォルトのスケジュール間隔は 900 秒 (15 分) になりました。以前のデフォルト値は 10 秒です。

    -policy オプションを参照してください。

  • トランザクション・ログの使用と管理の終了   QAnywhere Agent では、トランザクション・ログが作成されなくなり、そのサイズも管理されなくなりました。このため、ほとんどのアプリケーションでは、トランザクション・ログなしでデータベースを初期化する dbinit -n オプションを使用して、クライアント・メッセージ・ストアを作成する必要があります。

    クライアント・メッセージ・ストアの設定を参照してください。

QAnywhere のその他の変更
  • サーバ側プロパティ・ファイルは廃止予定   プロパティは、ファイルではなくデータベースに格納されるようになりました。

  • getPropertyNames   getPropertyNames 関数が C++ クライアント API から削除されました。この関数は、beginEnumPropertyNames、nextPropertyName、endEnumPropertyNames で置き換えられました。

    QAMessage クラスを参照してください。

  • 転送ルールでの日付処理   次の転送ルール・メッセージ・ストア変数が削除されました。

    • ias_CurrentDayOfWeek
    • ias_CurrentDayOfMonth
    • ias_CurrentMonth
    • ias_CurrentYear

    代わりに、ias_CurrentTimestamp または DATEPART を使用できます。

    ルール変数を参照してください。

  • QAnywhere Central の置き換え   QAnywhere Central は Sybase Central 用の QAnywhere プラグインで置き換えられました。このプラグインでは、多くの機能強化が加えられています。