Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere 11 - 変更点とアップグレード » バージョン 11.0.0 の新機能 » Sybase Central と Interactive SQL » Sybase Central と Interactive SQL の動作の変更と廃止予定機能

 

Interactive SQL の動作の変更と廃止予定機能

次に、バージョン 11.0.0 で導入された Interactive SQL の変更点を示します。

  • プラン・ビューワでグラフィカル・プランを表示可能   Interactive SQL で、プラン・ビューワと呼ばれるサイズ変更可能な別ウィンドウで SQL Anywhere データベースのグラフィカルなプランを表示できるようになりました。この変更によって、[プラン・ビューワ] ウィンドウを一度に複数開くことができるので、プランの表示と比較が簡単になります。プラン・ビューワにアクセスするには、[ツール] - [プラン・ビューワを開く] を選択します。Ultra Light データベースのテキスト・プランもプラン・ビューワに表示されます。Interactive SQL のプラン・ビューワによるプランの表示を参照してください。

    また、Interactive SQL の isql_plan オプションはサポートされていません。

  • 長いプランと短いプランの表示はサポート終了   SQL Anywhere データベースのテキスト・プランを Interactive SQL で表示できなくなりました。ただし、EXPLANATION 関数と PLAN 関数を使用してテキスト・プランを取得することはできます。Ultra Light データベースのテキスト・プランは、Interactive SQL でプラン・ビューワを使用して表示できます。

  • 実行プランと結果セットの印刷   [Ctrl + P] を押すか、[ファイル] - [印刷] を選択して、[SQL 文] ウィンドウ枠の内容と結果セットを印刷できるようになりました。これまでは、[SQL 文] ウィンドウ枠の内容しか印刷できませんでした。プラン・ビューワで印刷するには、[印刷] ボタンをクリックします。SQL 文、実行プラン、結果セットの印刷を参照してください。

  • [SQL 文] ウィンドウ枠への行番号の追加   [SQL 文] ウィンドウ枠の左側に行番号が表示されるようになりました。この行番号によって、構文エラーの場所を特定できるようになります。

  • [SQL 文の実行] ツールバー・ボタンの強化   これまでは、[Interactive SQL] ツールバーで、[SQL 文の実行] ボタンをクリックするとすべての SQL 文が実行されていました。このリリースでは、ボタンのクリック時に、すべての文を実行するか選択されている文のみを実行するかを指定できます。

    [SQL 文の実行] ボタンの動作を設定するには、[ツール] - [オプション] - [ツールバー] を選択します。Interactive SQL からの SQL 文の実行を参照してください。

  • バッチ文の実行の強化   

    • Interactive SQL で文のバッチが実行されるときのフィードバックが改善されました。[SQL 文] ウィンドウ枠から SQL 文を実行する場合、実行されている文が選択され、全体が見えるようにスクロールされます。[ファイル] - [スクリプトの実行] を選択してスクリプト・ファイルを実行する場合、スクリプトの進行状況を示すステータス・ウィンドウが表示されます。複数の SQL 文の実行を参照してください。

  • [結果] ウィンドウ枠の強化  

    • [結果] ウィンドウ枠で、[Ctrl + A] を押すと、すべての結果を選択できるようになりました。現在フェッチされている結果だけでなく、結果セット全体も選択できます。[結果] ウィンドウ枠に結果セット全体が含まれていない場合、残りの結果をフェッチするよう要求されます。残りをフェッチしないと、現在フェッチされている結果のみが選択されます。

    • [結果] タブからセルをコピーすると、コピーされたデータが isql_field_separator、isql_quote、isql_escape_character の各 Interactive SQL オプションに基づいてフォーマットされるようになりました。また、結果セットから選択した値、ロー、およびカラムをクリップボードにコピーすることもできます。Interactive SQL の結果セットからローをコピーするを参照してください。

    • [結果] タブのカラム・ヘッダをクリックすると、そのカラムを基準にして結果がソートされます。[結果] ウィンドウ枠に結果セット全体が含まれていない場合、残りの結果をフェッチするよう要求されます。残りをフェッチしないと、現在フェッチされている結果のみがソートされます。

    • 結果セットの選択されたローに基づいて INSERT 文、DELETE 文、UPDATE 文を生成し、クリップボードにコピーできるようになりました。結果セットからの SQL 文の生成を参照してください。

    • Interactive SQL の [結果] ウィンドウ枠が強化され、次の機能が追加されました。これらの機能は右クリック・メニューから選択できます。

      • [コピー] - [セルのコピー]   選択されたセルの内容をコピーします。

      • [コピー] - [カラムのコピー]   選択されたセルのカラム値をコピーします。

      • [生成] - [INSERT 文]   選択されている各ローに対して INSERT 文を生成し、クリップボードにコピーします。

      • [生成] - [DELETE 文]   選択されている各ローに対して DELETE 文を生成し、クリップボードにコピーします。

      • [生成] - [UPDATE 文]   選択されている各ローに対して UPDATE 文を生成し、クリップボードにコピーします。生成された文によって、カラムの値が現在の値に設定されます。したがって、文を実行しても、実際にはカラムの値は変更されません。この機能は、実行に先立って、編集可能なテンプレートの UPDATE 文を提供する際に便利です。

      Interactive SQL の結果セットからローをコピーする結果セットからの SQL 文の生成を参照してください。

  • Interactive SQL 文の強化   

    • DESCRIBE 文の強化   DESCRIBE 文によって、Interactive SQL に接続されているデータベースまたはデータベース・サーバに関する情報を返せるようになりました。DESCRIBE 文 [Interactive SQL]を参照してください。

    • INPUT 文と READ 文の強化   INPUT 文と READ 文で相対パスの解決を試行する際に、2 つの方法が取られるようになりました。INPUT 文 [Interactive SQL]READ 文 [Interactive SQL]を参照してください。

    • INPUT 文と OUTPUT 文の強化  

      • ODBC ソースからのインポートとエクスポートの新規サポート   INPUT 文と OUTPUT 文を使用してデータベースからインポートしたりデータベースにエクスポートしたりするときに、ODBC データ・ソースを指定できるようになりました。これを行うには、新しい USING 句を使用します。INPUT 文 [Interactive SQL]OUTPUT 文 [Interactive SQL]を参照してください。

        インポート・ウィザードエクスポート・ウィザードを使用するときにも ODBC データ・ソースを指定できます。インポート・ウィザードを使用したデータのインポートエクスポート・ウィザードを使用したデータのエクスポートを参照してください。

      • バイト順マーク (BOM) の新規サポート   データ中のバイト順マーク (BOM) を処理するかどうかを制御できるようになりました。これを行うには、新しい BYTE ORDER MARK 句を使用します。INPUT 文 [Interactive SQL]OUTPUT 文 [Interactive SQL]を参照してください。

      • INPUT 文のサポート・フォーマットの変更   INPUT 文では、dBase、Lotus、Excel および FoxPro の各ファイル・フォーマットがサポートされなくなりました。TEXT と FIXED は引き続きサポートされています。サポートされなくなったファイル・フォーマットを引き続き使用したい場合は、ODBC ドライバを使用する必要があります。INPUT 文 [Interactive SQL]を参照してください。

      • OUTPUT 文のサポート・フォーマットの変更   OUTPUT 文では、dBase、Lotus、Excel および FoxPro の各ファイル・フォーマットがサポートされなくなりました。TEXT、FIXED、HTML、SQL、および XML は引き続きサポートされています。OUTPUT 文 [Interactive SQL]を参照してください。

      • INPUT 文と OUTPUT 文で ASCII フォーマットの名前を TEXT に変更   INPUT 文と OUTPUT 文で TEXT が使用されるようになりました。ただし、下位互換のために ASCII の使用はまだサポートされています。

  • インポート・ウィザードエクスポート・ウィザードの変更   インポート・ウィザードまたはエクスポート・ウィザードが終了するとき、ウィザードによって生成された SQL 文がコマンド履歴に保存されます。生成された SQL 文を表示するには、[SQL] - [履歴] を選択します。

  • Interactive SQL オプション  

  • Interactive SQL ランチャの変更   これまでは、Windows バージョンの Interactive SQL ランチャ実行プログラムの名前は、dbisqlg.exe で、コマンド・ライン・バージョンの名前は、dbisql.exe でした。このリリースでは、Windows バージョンの Interactive SQL は dbisql.exe に、コマンド・ライン・バージョンは dbisql.com になりました。

    バッチ・スクリプトでは、dbisql.exe ではなく、dbisql または dbisql.com を呼び出す必要があります。