Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere 11 - 変更点とアップグレード » バージョン 11.0.0 の新機能 » 製品全体の機能

 

製品全体の新機能

次に、バージョン 10.0.0 で導入された製品全体の追加機能を示します。

  • エラー・レポートの強化   Windows、Windows Mobile、Linux では、エラー・レポートが生成されるとウィンドウが表示されます。iAnywhere に送信するか選択する前に、このウィンドウでエラー・レポートの内容を確認できます。SQL Anywhere のエラー・レポートを参照してください。-ce オプションを使用してサポート・ユーティリティ (dbsupport) を設定できるようになりました。このオプションを使用すると、dbsupport でアプリケーションを監視しているときにアプリケーションがクラッシュすると、電子メールが送信されます。サポート・ユーティリティ (dbsupport)を参照してください。

  • 追加の Windows Mobile プラットフォームのサポート   SQL Anywhere で、スマートフォン用 Windows Mobile 5 と Windows Mobile 6 Standard エディションがサポートされるようになりました。Windows Mobile での SQL Anywhere サーバの実行については、SQL Anywhere for Windows Mobileインストール時の考慮事項:Windows Mobile 5.0 for Smartphone に関する制限を参照してください。

  • SQL Anywhere サンプル・データベース (demo.db) の新しいテーブル   SQL Anywhere サンプル・データベースに新しいテーブル MarketingInformation が追加されました。このテーブルの各ローには、Products テーブル内の製品を説明する HTML ページが格納されています。このテーブルが追加されたことで、機能をテストしたり試したりするときにより複雑な文字データに対してクエリを実行できます。SQL Anywhere サンプル・データベースを参照してください。