Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere 11 - 変更点とアップグレード » バージョン 11.0.0 の新機能 » SQL Anywhere » SQL Anywhere の新機能

 

データベース・サーバ・オプション

次に、SQL Anywhere バージョン 11.0.0 でのデータベース・サーバ・オプションの強化を示します。

  • -es サーバ・オプション   SQL Anywhere のこれまでのバージョンでは、-ec オプションを指定してデータベース・サーバが起動され (トランスポート・レイヤ・セキュリティのサポートのため)、許可する暗号化プロトコルのリストに NONE または SIMPLE が含まれなかった場合、共有メモリ・ポートが起動しませんでした。これは、このポートでトランスポート・レイヤ・セキュリティがサポートされていないからです。このため、データベース・サーバへの接続は、強力な暗号化を使用して TCP/IP で行う必要がありました。

    -es サーバ・オプションは、共有メモリを経由した、暗号化されていない接続を許可するようにデータベース・サーバに指定します。-es サーバ・オプションを参照してください。

  • -gb サーバ・オプション   サーバ・プロセスの優先度クラスを制御する -gb サーバ・オプションが、Windows に加えて UNIX でサポートされるようになりました。-gb サーバ・オプションを参照してください。

  • -im サーバ・オプション   アプリケーションで、データベースの操作内容がすべて失われてもかまわない場合は、データベースを完全にメモリ内で実行できます。この機能は、データが頻繁に挿入される、高速のテンポラリ・データ・ストアとして SQL Anywhere を使用する場合を対象としています。-im サーバ・オプションを参照してください。

  • クライアント・コンピュータにあるファイルの読み込みと書き込み   -sf サーバ・オプションを使用して、クライアント・コンピュータにあるファイルの読み込みと書き込みの機能を制御できるようになりました。-sf サーバ・オプションを参照してください。

  • -um サーバ・オプション   -um オプションを使用して、DBLauncher.app インスタンスが実行中の場合にこのインスタンスに接続し、DBLauncher.app 内の新しいウィンドウにデータベース・サーバ・メッセージを表示することができます。このオプションは Mac OS X だけに適用されます。-um サーバ・オプションを参照してください。

  • Windows パフォーマンス・モニタのオプション   Windows パフォーマンス・モニタをさらに詳細に設定するため、次のサーバ・オプションが追加されました。

    • -ks オプション   パフォーマンス・モニタで、データベース・サーバからカウンタ値を収集するために使用される共有メモリの作成を無効にします。-ks サーバ・オプションを参照してください。

    • -ksc オプション   パフォーマンス・モニタでモニタできる接続の最大数を指定します。-ksc サーバ・オプションを参照してください。

    • -ksd オプション   パフォーマンス・モニタでモニタできるデータベースの最大数を指定します。-ksd サーバ・オプションを参照してください。