Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere 11 - 変更点とアップグレード » バージョン 11.0.0 の新機能 » SQL Anywhere » SQL Anywhere の新機能

 

システム・プロシージャと関数

次に、SQL Anywhere バージョン 11.0.0 で追加されたシステム・プロシージャと関数の強化を示します。

  • sa_get_dtt_groupreads システム・プロシージャ   新しい sa_get_dtt_groupreads システム・プロシージャを使用して、データベース・サーバに対してグループ読み込みを発行するコストを推定できます。sa_get_dtt_groupreads システム・プロシージャを参照してください。

  • PROPERTY_NAME 関数の強化   指定した接続レベルで、指定したプロパティ ID を持つプロパティの名前を返すようになりました。PROPERTY_NAME 関数 [システム]を参照してください。

  • READ_CLIENT_FILE 関数   新しい READ_CLIENT_FILE 関数は、クライアント・コンピュータにある、指定したファイルからデータを読み込みます。READ_CLIENT_FILE 関数 [文字列]を参照してください。

  • WRITE_CLIENT_FILE 関数   新しい WRITE_CLIENT_FILE 関数は、クライアント・コンピュータにある、指定したファイルにデータを書き込みます。WRITE_CLIENT_FILE 関数 [文字列]を参照してください。

  • REGEXP_SUBSTR 関数   新しい REGEXP_SUBSTR 関数を使用すると、文字列内で部分文字列を検索できます。この新しい関数では、引数として正規表現を指定できます。REGEXP_SUBSTR 関数 [文字列]を参照してください。

  • sa_char_terms システム・プロシージャ   新しい sa_char_terms システム・プロシージャは、CHAR 文字列を単語に分解し、各単語とその位置を返します。sa_char_terms システム・プロシージャを参照してください。

  • sa_nchar_terms システム・プロシージャ   新しい sa_nchar_terms システム・プロシージャは、NCHAR 文字列を単語に分解し、各単語とその位置を返します。sa_nchar_terms システム・プロシージャを参照してください。

  • sa_refresh_text_indexes システム・プロシージャ   新しい sa_refresh_text_indexes システム・プロシージャは、MANUAL REFRESH または AUTO REFRESH として定義されているすべてのテキスト・インデックスを再表示します。sa_refresh_text_indexes システム・プロシージャを参照してください。

  • sa_text_index_stats システム・プロシージャ   新しい sa_text_index_stats システム・プロシージャは、データベース内のすべてのテキスト・インデックスに関する統計情報を返します。これには、最終再表示時刻と保留中の変更のサイズが含まれます。sa_text_index_stats システム・プロシージャを参照してください。

  • sa_text_index_vocab システム・プロシージャ   新しい sa_text_index_vocab システム・プロシージャは、テキスト・インデックスに含まれるすべての単語と、各単語が含まれるインデックス化された値の合計数のリストを返します。sa_text_index_vocab システム・プロシージャを参照してください。

    2 つの新しいシステム・プロシージャ sa_internal_text_index_vocab と sa_internal_text_index_postings も追加されていますが、これらは sa_text_index_vocab システム・プロシージャでのみ使用されます。

  • sa_text_index_postings システム・プロシージャ   この新しいシステム・プロシージャは内部でのみ使用されます。

  • sa_text_index_handles システム・プロシージャ   この新しいシステム・プロシージャは内部でのみ使用されます。

  • sa_get_user_status システム・プロシージャ   新しい sa_get_user_status システム・プロシージャを使用すると、ユーザの現在のログイン・ステータスを確認できます。sa_get_user_status システム・プロシージャを参照してください。

  • インボーカとしてのプロシージャや関数の実行   プロシージャまたは関数を作成するときに、そのプロシージャまたは関数を、呼び出したユーザ (インボーカ) が呼び出したかのように実行するか、それを作成したユーザ (デファイナ) が呼び出したかのように実行するかを指定できます。これを指定するには、CREATE PROCEDURE 文または CREATE FUNCTION 文の SQL SECURITY 句を使用します。CREATE FUNCTION 文 [Web サービス]CREATE PROCEDURE 文 [Web サービス]を参照してください。

    この変更は、外部プロシージャと関数にも適用されます。

  • sa_disk_free_space システム・プロシージャ   sa_disk_free_space システム・プロシージャで、total_space という新しいカラムが返されるようになりました。このカラムは、DB 領域があるドライブで使用可能な合計ディスク領域を示します。バージョン 11.0.0 より前の SQL Anywhere で作成されたデータベースでは、データベースをアップグレードするまで total_space カラムは返されません。sa_disk_free_space システム・プロシージャを参照してください。

  • sa_external_library_unload システム・プロシージャ   新しいシステム・プロシージャ sa_external_library_unload が追加され、使用していない外部ライブラリをアンロードできるようになりました。sa_external_library_unload システム・プロシージャを参照してください。

  • sa_index_density システム・プロシージャがスキュー量を返す   sa_index_density システム・プロシージャが強化され、インデックス内にあるスキュー量を返すようになりました。スキューが多いと、バランスがとれているインデックスと比べてパフォーマンスが低くなる可能性があります。インデックスの断片化とスキューの削減sa_index_density システム・プロシージャを参照してください。

  • sa_materialized_view_info システム・プロシージャの強化   sa_materialized_view_info で返される Status カラムの情報が、Status と DataStatus の 2 つのカラムに分割されました。Status には、ビューが有効であるか、無効であるかに関する情報が返されます。新しい DataStatus カラムには、ビュー内にデータがあるかどうか、またデータが最新かどうかに関する情報が返されます。また、ビューが手動ビューであるか、即時ビューであるかを示す新しいカラム RefreshType が追加されています。sa_materialized_view_info システム・プロシージャを参照してください。

  • sa_materialized_view_can_be_immediate システム・プロシージャ   新規に作成するマテリアライズド・ビューはデフォルトで手動ビューになりますが、即時ビューの制約に違反していなければ、即時ビューに変更できます。新しい sa_materialized_view_can_be_immediate システム・プロシージャを使用すると、手動ビューを即時ビューに変更できるかどうかをテストできます。sa_materialized_view_can_be_immediate システム・プロシージャ即時ビューの追加の制限を参照してください。

  • sa_post_login_procedure システム・プロシージャ   ユーザのパスワードの有効期限が近いときに警告するかどうかを指定できる新しいシステム・プロシージャが追加されました。sa_post_login_procedure システム・プロシージャを参照してください。

  • EVENT_PARAMETER 関数の強化   EVENT_PARAMETER 関数で、DisconnectReason として abnormal がサポートされるようになりました。この新しい理由は、データベースへの接続を切断する前にクライアント・アプリケーションが異常終了したか、クライアント・コンピュータとサーバ・コンピュータの間で通信エラーが発生した結果、切断が発生したことを示します。EVENT_PARAMETER 関数 [システム]を参照してください。

  • sa_server_option システム・プロシージャの強化   sa_server_option システム・プロシージャに OptionWatchList と OptionWatchAction の 2 つのプロパティが追加されました。これらのプロパティを使用して、データベース・オプションの設定が変更されようとしていないかどうかをモニタし、そのときの処置を指定できます。オプション設定のモニタリングsa_server_option システム・プロシージャを参照してください。

  • sa_db_properties システム・プロシージャの強化   sa_db_properties システム・プロシージャが、NULL 値を持つ有効なプロパティを返すようになりました。sa_db_properties システム・プロシージャを参照してください。

  • sa_conn_properties システム・プロシージャの強化   sa_conn_properties システム・プロシージャが、NULL 値を持つ有効なプロパティを返すようになりました。sa_conn_properties システム・プロシージャを参照してください。