Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere 11 - 変更点とアップグレード » SQL Anywhere 11 へのアップグレード » Ultra Light のアップグレード » バージョン 9 以前の Ultra Light データベースのアップグレード

 

バージョン 9 以前の Ultra Light アプリケーション・コードをバージョン 11.0.0 に移植する

以前の Ultra Light アプリケーションは、新しいバージョン 11.0.0 の API で再構築する必要があります。Ultra Light 10 のリリース以来、これらの API は大幅に強化されました。アプリケーションを再構築する前に、必要に応じてコードの変更を行ってください。

作業を開始する前に、Ultra Light の新機能や動作の変更を調べて、使用しているAPI への変更点を確認します。Ultra Light の新機能を参照してください。

アプリケーションのアップグレードに関する特別な注意事項
  • 接続コードを更新してください。

  • バージョン 10 で、データベースの作成に個別の .usm ファイルは不要になりました。代わりに、データベースをデスクトップで設定してアプリケーションを使用して展開するか、アプリケーションがプログラムでデータベースを作成できます。

  • このバージョンの Ultra Light では、常に認証が有効になっており、最大 4 つのユーザ ID とパスワードをサポートできます。ただし、データベースの認証を維持しない場合は、ユーザ ID およびパスワードは作成または指定しないでください。Ultra Light では、ユーザ ID およびパスワードが指定されていない場合は、デフォルト UID=DBA および PWD=sql が使用されます。ユーザ ID とパスワードの組み合わせの解釈を参照してください。

  • Embedded SQL ファイルが複数ある場合は、SQL プリプロセッサ (sqlpp) を使用してそれぞれのファイルの前処理を実行し、C/C++ ソース・ファイルを作成する必要があります。ただし、リファレンス・データベースを使用する必要はなくなりました。Ultra Light データベースは、Embedded SQL を直接サポートするようになりました。

  • Unicode 文字のサポートは、前のバージョンから変更されています。バージョン 11.0.0 の Ultra Light データベースでは、マルチバイト文字に UTF-8 エンコードが使用されています。その結果、非 Unicode ランタイムで実行している Unicode のデータベースを考慮する必要がなくなりました。


バージョン 9 以前の Ultra Light アプリケーション・コードのアップグレード・パス