Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere 11 - 変更点とアップグレード » SQL Anywhere 11 へのアップグレード » SQL Anywhere のアップグレード

 

バージョン 10 以降のデータベースのアップグレード

データベースをアップグレードすると、バージョン 11 の機能を有効にするために、システム・テーブル、システム・プロシージャ、データベース・オプションが追加、変更されます。ディスク上でデータが保管、アクセスされるファイル・フォーマットは変更されないので、ソフトウェアの最新バージョンの新機能とパフォーマンス向上をすべて利用できるわけではありません。

データベースのファイル・フォーマットのアップグレードの詳細については、バージョン 10 以降のデータベースの再構築を参照してください。

データベース・アップグレード・ウィザードでは、バージョン 9.0.2 以前のデータベースをバージョン 11 にアップグレードできません。既存のデータベースをバージョン 11 にアップグレードするには、dbunload またはデータベース・アンロード・ウィザードを使用してデータベースをアンロードし、再ロードする必要があります。バージョン 9 以前のデータベースのアップグレードを参照してください。

警告

必ずデータベース・ファイルをバックアップしてからアップグレードしてください。既存のファイルにアップグレードを適用した場合、アップグレードに失敗すると、これらのファイルは使用できなくなります。データベースのバックアップの詳細については、バックアップとデータ・リカバリを参照してください。

♦  データベースをアップグレードするには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. ソフトウェアをアップグレードする場合の一般的な対応策を行います。アップグレードを行う前の重要な注意事項を参照してください。

  2. [スタート] - [プログラム] - [SQL Anywhere 11] - [Sybase Central] を選択します。

  3. SQL Anywhere のプラグインから、アップグレードするデータベースに接続します。データベースはバージョン 11 のデータベース・サーバで実行されている必要があります。

  4. [ツール] - [SQL Anywhere 11] - [データベースのアップグレード] を選択します。

  5. データベース・アップグレード・ウィザードの指示に従います。

  6. アップグレードしたデータベースを使用する前に、データベースを停止し、トランザクション・ログをコピーしてアーカイブすることをウィザードで選択しなかった場合は、その操作を行います。

ヒント

データベース・アップグレード・ウィザードは、次の方法でもアクセスできます。

  • データベースを右クリックし、[データベースのアップグレード] を選択します。

  • データベースを選択し、[ファイル] - [データベースのアップグレード] を選択します。

♦  データベースをアップグレードするには、次の手順に従います (コマンド・ラインの場合)。
  1. ソフトウェアをアップグレードする場合の一般的な対応策を行います。アップグレードを行う前の重要な注意事項を参照してください。

  2. アップグレードするデータベースに排他的にアクセスできること、またシステム・パスで、バージョン 11 のユーティリティがその他のユーティリティより前に指定されていることを確認します。ユーティリティの使用を参照してください。

  3. データベースに対してアップグレード・ユーティリティ (dbupgrad) を実行します。

    dbupgrad -c "connection-string"

    connection-string で指定するデータベース・ユーザは、アップグレードするデータベースの DBA 権限を持っている必要があります。

    詳細については、アップグレード・ユーティリティ (dbupgrad)を参照してください。

  4. アップグレードしたデータベースを使用する前に、データベースを停止し、トランザクション・ログを圧縮します。

♦  データベースをアップグレードするには、次の手順に従います (SQL の場合)。
  1. Interactive SQL、または SQL 文を実行できる別のアプリケーションからデータベースに接続します。

  2. ALTER DATABASE 文を実行します。

    たとえば、次の文はデータベースをアップグレードします。

    ALTER DATABASE UPGRADE;

    詳細については、ALTER DATABASE 文を参照してください。

  3. アップグレードしたデータベースを使用する前に、データベースを停止し、トランザクション・ログを圧縮します。


データベース・ミラーリング・システムでの SQL Anywhere ソフトウェアとデータベースのアップグレード