Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere 11 - 変更点とアップグレード » SQL Anywhere 11 へのアップグレード

 

SQL Anywhere のアップグレード

このバージョンのソフトウェアで既存のアプリケーションを使用する前に、動作の変更のリストを確認して、アプリケーションに影響がないかどうかを確認してください。SQL Anywhere 11 - 変更点とアップグレードを参照してください。

注意

Adaptive Server Anywhere は、SQL Anywhere に名前が変更されました。この章では、SQL Anywhere はすべてのバージョンの SQL Anywhere を指します。

バージョン 10 以降のデータベースのアップグレード

バージョン 10 以降からアップグレードするには、アップグレード・ユーティリティを使用するか、データベースを再構築します。バージョン 11 のソフトウェアでバージョン 10 のデータベースを使用できるので、アップグレードや再構築を実行するかどうかは任意です。ただし、バージョン 11 の新機能をすべて利用したい場合は、データベースを再構築する必要があります。バージョン 10 以降のデータベースのアップグレードバージョン 10 以降のデータベースの再構築を参照してください。

マテリアライズド・ビューが含まれるデータベース

データベース・サーバをアップグレードした後、またはアップグレード後のデータベース・サーバで使用できるようにデータベースを再構築またはアップグレードした後は、データベース内のマテリアライズド・ビューを再表示することをおすすめします。手動ビューのリフレッシュを参照してください。

バージョン 9 以前のデータベースのアップグレード

SQL Anywhere バージョン 9 以前からバージョン 11 にアップグレードするには、データベースを再構築します。再構築するには、古いデータベースをアンロードしてから、バージョン 11 の新しいデータベースに再ロードします。バージョン 9 以前のデータベースを開始しようとすると、データベースの開始時にエラーが発生します。既存のデータベースを再構築するには、次の 4 つの方法があります。

  • -an (データベースの新規作成) オプションまたは -ar (古いデータベースの置き換え) オプションを指定して、バージョン 11 のアンロード・ユーティリティ (dbunload) を実行します。アップロード・ユーティリティを使用したバージョン 9 以前のデータベースの再構築を参照してください。

    注意

    アンロード ユーティリティ (dbunload) には、SQL Anywhere の全バージョンで同じファイル名が使用されています。正しいバージョンを使用していることを確認してください。使用しているアンロード・ユーティリティのバージョンを確認するには、dbunload -? コマンドを実行します。ユーティリティの使用を参照してください。

    また、バージョン 10 以降のデータベースで dbunload を使用する場合は、使用する dbunload のバージョンが、データベースへのアクセスに使用するデータベース・サーバのバージョンと一致する必要があります。dbunload のバージョンがデータベース・サーバのバージョンより古いまたは新しい場合は、エラーがレポートされます。

  • Sybase Central のデータベース・アンロード・ウィザードを使用します。新しいデータベースを作成するか、既存のデータベースを新しいデータベースに置き換えるか、データベースをファイルにアンロードします。Sybase Central からのバージョン 9 以前のデータベースの再構築を参照してください。

  • バージョン 11 のアンロード・ユーティリティを使用してデータベースをアンロードしてから、バージョン 11 のデータベース・サーバにある reload.sql ファイルを使用してデータベースを再ロードします。

    スキーマを変更する必要がある場合は、この方法を使用してアップグレードすることをおすすめします。スキーマの変更後は、新しいデータベースを初期化して、再ロード・スクリプトを適用できます。

  • 旧バージョンの dbunload を使用してデータベースをアンロードし、reload.sql ファイルとバージョン 11 のデータベース・サーバを使用してデータベースを再ロードします。廃止予定またはサポート対象外のデータベース・オプション設定、オブジェクト、または SQL 構文が reload.sql ファイルにアンロードされる可能性があるため、この方法は他の方法が失敗する場合にのみ使用してください。この方法を使用して再ロード中に問題が発生した場合は、ファイルを手動で編集する必要があります。バージョン 11 以降では、内部再ロード機能により、このような問題の多くが解決されています。

Mac OS X のデータベースの再構築

Mac OS X 用の SQL Anywhere 9.0.2 は PPC で サポートされ、SQL Anywhere 10.0.0 以降は Intel でサポートされていました。Mac OS X に 9.0.2 以前のバージョンのデータベースがある場合は、次の 2 つの方法でデータベースをアンロードできます。

  • バージョン 9.0.2 のソフトウェアを使用してデータベースをアンロードします。

  • SQL Anywhere 11 がインストールされている別のプラットフォームにデータベースをコピーしてから、バージョン 11 のソフトウェアを使用してデータベースをアンロードします。

データベースをアンロードした後は、Mac OS X でバージョン 11 のソフトウェアを使用してデータベースを再ロードできます。

アンロードと再ロードのときに (大文字と小文字を「区別する」から「区別しない」に変更するなど) データベースの特性を変更する場合、手順はもう少し複雑になります。詳細については、データベースの再構築を参照してください。

既存のソフトウェアとの互換性
  • SQL Anywhere 11 のデータベース・サーバは、バージョン 6.0.0 以降のソフトウェアを使用するクライアント・アプリケーションからの接続をサポートします。バージョン 5 以前のクライアントは、バージョン 11 のデータベース・サーバに接続できません。バージョン 9 以前のクライアントからバージョン 11 のデータベース・サーバに接続した場合は、次の機能を使用できません。

    • Kerberos ログイン

    • Embedded SQL の NCHAR 型

    • ODBC、OLE DB、ADO.NET からの Unicode データの向上したサポート (たとえば NCHAR を WCHAR カラムとして記述するなど)

    • ODBC を使用する Unicode アプリケーションや、OLE DB や ADO.NET を使用するあらゆるアプリケーションでの BLOB パフォーマンスの拡張

    • 主に WAN パフォーマンスを向上させるだけでなく、LAN パフォーマンスも若干向上させる強化

    共有メモリ接続のための SATMP の設定

    バージョン 9 以前でテンポラリ・ファイルのロケーションを指定するために使用されていた検索順序は、バージョン 11 のものとは異なります。バージョン 9 以前のクライアントを共有メモリを使用してバージョン 11 のデータベース・サーバに接続する場合、SATMP (バージョン 11) と ASTMP (バージョン 9 以前) 環境変数を設定して、テンポラリ・ファイルのロケーションを指定する必要があります。これらの環境変数を設定しないと、共有メモリ経由での接続の試行は失敗します。

  • 現在のバージョンの Sybase Central では、次のように旧バージョンのデータベースとデータベース・サーバを管理できます。

    • バージョン 9 以降のデータベース・サーバで動作するバージョン 9 以降のデータベースに接続して、管理できます。

    • Sybase Central と同じコンピュータで実行されているバージョン 5 以降のデータベースに接続し、Sybase Central のデータベース・アンロード・ウィザードを使用してデータベースを再構築できます。データベースはアンロードの前に停止されます。

    • バージョン 7 以前のデータベース・サーバで動作するバージョン 7 以前のデータベースはサポートされません。


ユーティリティの使用
アップグレードを行う前の重要な注意事項
アップグレードのクイック・スタート
バージョン 10 以降のデータベースの再構築
バージョン 9 以前のデータベースをバージョン 11 用に再構築
バージョン 10 以降のデータベースのアップグレード