Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » エラー・メッセージ » SQL Anywhere のエラー・メッセージ » SQL Anywhere のエラー・メッセージ (五十音順、英数字)

 

CREATE/DROP STATISTICS 文では、仮想テーブルを参照できません。

エラー定数 SQLE_HISTOGRAMS_NOT_SUPPORTED_ON_OBJECT
ODBC 2 ステータス 37000
ODBC 3 ステータス 42000
重大度 16
SQLCODE –858
SQLSTATE 42W67
Sybase エラー・コード 13861
考えられる原因

CREATE/DROP STATISTICS を使用して、ビューまたはリモート・テーブルなど、仮想データベース・オブジェクトの 1 つ以上のヒストグラムを作成/削除しようとしました。CREATE STATISTICS 文および DROP STATISTICS 文が参照できるのは、接続している SQL Anywhere データベースにあるベース・テーブル、ローカル・テンポラリ・テーブル、またはグローバル・テンポラリ・テーブルのみです。