Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » エラー・メッセージ » SQL Anywhere のエラー・メッセージ

 

SQL Anywhere のエラー・メッセージ (SQLSTATE 順)

SQLSTATE メッセージ・テキスト
00000 (メッセージなし)
01000 警告 : %1
01003 集合関数では、NULL 値は無視されます。
01004 値がトランケートされました。
01005 暗号化が有効になっていません。
01006 パススルー SQL スクリプトに失敗しました
01S02 カーソル・オプションの値が変更されました。
01W01 不正なデータ変換 : ロー %2 のカラム '%1' に NULL が挿入されました。
01W02 テンポラリ・テーブルが使用されました。
01W03 不正なデータ変換
01W04 最後に読み込まれた後で、ローは更新されています。
01W05 プロシージャが完了しました。
01W06 テーブル '%2' のカラム '%1' の値が変更されています。
01W07 行 %2 の '%1' の付近に、言語の拡張機能が検出されました。
01W08 文を実行することができませんでした。
01W09 もっと情報が必要です。
01W10 トランザクション・ログ・バックアップ・ページの一部だけが、満杯になっています。
01W11 ユーザ '%2' に対するデータベース・オプション '%1' は不正な設定です。
01W12 '%1' への文字セット変換は実行できません。代わりに '%2' が使用されます。
01W13 データベース・サーバで文字セット '%1' 間とのデータ変換を実行できません。変換が正しくない可能性があります。
01W14 言語 '%1' はサポートされていないため、'%2' を使用します。
01W15 文字セット '%1'、言語 '%2' はサポートされていません。代わりに言語 '%3' が使用されます。
01W16 無効なユーザ選択性の評価が指定されました。
01W17 '%1' は認識できないオプションです。
01W18 非決定的な結果が返されました
01W20 プランに仮想インデックスが含まれている可能性があります。
01W21 ローが新しいスキーマ・フォーマットに変換されなかったため、ローは削除されました。
01W23 文字列カラム '%1' のヒストグラムを出力できません。
01W24 参照整合性を保つためにテーブル %1 からローが削除されました。
01W25 パブリケーションの述部は評価されませんでした。
01W26 オプション '%1' が複数回指定されています。
01W27 同じプライマリ・キーを持つ 2 つのローが、テーブル '%1' 用にダウンロードされています
01WC1 %1 から %2 に変換するときに、無効なマルチバイトの入力文字が検出されました。
01WC3 %1 から %2 に変換するときに文字を置換しました。
01WC4 ICU 照合 '%1' は他の照合にデフォルト設定されました。
02000 ローが見つかりません。
04W07 DB 領域が最大ファイル・サイズに達しています。
04W08 サーバが DB 領域の最大ファイル・サイズを超えてページにアクセスしようとしました。
07001 ホスト変数が足りません。
07002 SQLDA 中のフィールドが足りません。
07003 カーソルのオープンがエラーになりました。
07005 SELECT 文以外は記述できません。
07009 記述子のインデックスが正しくありません。
07W01 DESCRIBE 文で無効な型が指定されました。
07W02 文が無効です。
07W03 準備文の種類が無効です。
07W04 SQLDA フィールドがマルチ・ロー SQLDA と矛盾しています。
07W05 SQLDA のデータ型が無効です。
07W06 SQL の識別子が無効です。
07W07 ホスト変数はバッチで使用できません。
07W08 SQLDA に不正な sqllen フィールドがあります。
08001 データベースが起動できません -- %1
08003 データベースに接続されていません。
08004 '%1' というユーザ ID はありません。
08005 パスワードに不正な文字が含まれています。
08W01 データベース・サーバが見つかりません。
08W02 接続が見つかりません。
08W03 データベース・サーバに接続できる限界数を超えています。
08W04 データベースに接続できません。
08W05 トランザクション・ログ・ファイルを開けません -- %1
08W06 まだデータベースに接続されています。
08W07 データベース・サーバを起動することができません。
08W08 データベース・サーバのコマンド・ラインが無効です。
08W09 指定されたデータベースを起動できません : %1
08W10 指定されたデータベースが見つかりません。
08W11 指定されたデータベースは無効です。
08W12 通信エラーが発生しました。
08W13 起動するのに必要なメモリが不足しています。
08W14 サーバを起動するには、データベース名が必要です。
08W15 クライアント/サーバの通信プロトコルのバージョンが違います。
08W16 データベース・サーバはマルチユーザ・モードで実行していません。
08W17 トランザクション・ログ・ファイルへの書き込みエラーが発生しました。
08W18 埋め込み SQL を処理しているプリプロセッサと、データベース・インタフェース・ライブラリのバージョンが適合しません。
08W19 クライアント・サーバのバージョンとデータベース・サーバのバージョンが適合しません。
08W20 データベース名 'utility_db' はユーティリティ・データベース用に予約されています。
08W21 認証違反です。
08W22 データベースのページ・サイズが大きすぎます : %1
08W23 データベース・サーバはすでに起動しています。
08W24 不正なパラメータです。
08W25 ローカル・データベース・オプションが無効です。
08W26 動的メモリが足りません。
08W27 データベース名がユニークではありません。
08W28 アクティブなデータベースがないため要求は拒否されました。
08W29 データベースの起動/停止の要求は拒否されました。
08W30 選択されたデータベースは、現在アクティブではありません。
08W32 無効なデータベース・ページ・サイズです。
08W33 データベースの作成に失敗しました : %1
08W34 ストア DLL \"%1\" をロードできません。
08W35 ストア DLL (%1) のエントリ・ポイントを実行できません。
08W36 指定された DB 領域でアイテム (%1) を生成できません。
08W37 接続パラメータ・ファイルが見つかりません。
08W38 接続パラメータ文字列の解析エラーです。
08W39 データベース・ファイルが指定されていません。
08W40 データベースはアクティブです。
08W41 データベース \"%1\" をリカバリする必要があります。
08W42 データベースのアップグレードに失敗しました。
08W43 データベースのアップグレードができません。
08W44 バックアップ/リストア用 DLL \"%1\" をロードできません。
08W45 バックアップ/リストア DLL (%1) のエントリ・ポイントを実行できませんでした。
08W46 バックアップ/リストア中にエラーが発生しました : %1
08W47 データベース・ストア DLL (%1) のバージョンが不正です。
08W48 認証に失敗しました。
08W49 解析エラー : %1
08W51 IQ データベース・コマンド・ラインの不正なオプションまたはパラメータ値 : %1
08W52 IQ メモリ・マネージャを初期化できません : %1
08W53 System V リソースを割り当てることができません。
08W54 解析エラー : %1
08W55 サーバが見つからないため自動起動できません。
08W56 指定されたデータベース・ファイルはすでに使用されています。
08W57 データベースのアップグレードができません。ユーザ dbo は RowGenerator テーブルの所有者ではありません。
08W58 データベースのアップグレードができません。ユーザ・テーブルに、システム・テーブル範囲のテーブル ID が設定されています。
08W59 TLS ハンドシェイクに失敗しました。
08W60 接続エラー : %1
08W61 サーバ上で TLS の初期化に失敗しました。
08W62 暗号化キーが不正であるか、見つかりません。
08W63 復号化エラー : %1
08W64 データベース・サーバで文字セット '%1' 間とのデータ変換を実行できません。
08W65 クライアントでメモリが不足しています。
08W66 暗号化エラー : %1
08W67 指定されたデータベースを起動できません : データベース %1 を起動するにはサーバをアップグレードする必要があります。
08W68 指定されたデータベースを起動できません : ログ・ファイル・エラー
08W69 jConnect は暗号化をサポートしていません。
08W70 暗号化 DLL \"%1\" をロードできません。
08W71 プロシージャまたは関数 '%2' のパラメータ '%1' にデフォルト値がありません。
08W72 指定されたデータベースを開始できません。'%1' は無効なトランザクション・ログ・ミラーです。
08W73 指定されたデータベースを開始できません。トランザクション・ログ '%1' または、そのミラー '%2' は無効です。
08W74 指定されたデータベースを開始できません。トランザクション・ログで、'%1' は操作を予期していません。
08W75 指定されたデータベースを開始できません。不明な暗号化アルゴリズムです。
08W76 指定されたデータベースを開始できません。このサーバで開始するには、'%1' をアップグレードする必要があります (機能 %2 がありません)。
08W80 指定されたデータベースを開始できません。ログファイル '%1' を使用できません。これはログ・ファイルがデータベース・ファイルよりも後に使用されているためです。
08W81 指定されたデータベースを開始できません。'%1': トランザクション・ログ・ファイル が見つかりません
08W82 指定されたデータベースを開始できません。ログ・ファイル '%1' を使用できません。これはオフセットがデータベースのオフセットと一致しないためです。
08W83 指定されたデータベースを開始できません。ログ・ファイル '%1' を使用できません。これはデータベース・ファイルがログ・ファイルよりも後に使用されているためです。
08W84 指定されたデータベースを開始できません。ログ・ファイル '%1' を使用できません。これは、予想された長さよりも短いためです。
08W85 指定されたデータベースを開始できません。'%1' はデータベースではありません。
08W86 指定されたデータベースを開始できません。'%1' は異なるバージョンのソフトウェアで作成されています。
08W87 指定されたデータベースを開始できません。'%1' は有効なデータベース・ファイルではありません。
08W88 指定されたデータベースを開始できません。'%1' は無効なトランザクション・ログです。
08W89 データベース・サーバを起動することができません。サーバに致命的なエラーが発生しました。
08W90 DBN/DBF パラメータが、この代替サーバ名のデータベースと一致しません。
08W91 ミラー・サーバに接続できません。サーバ名 '%1' を使用してプライマリ・サーバを探してください。
08W93 データベース %1 を起動できません。監査が有効な場合は、読み込み専用モードを使用できません。
08W94 ファンクション '%1' に無効なパラメータ '%2' ('%3') があります。
08W95 ATTACH TRACING は、トレース・データベースに接続できませんでした。
08W96 トレース接続はすでにアクティブになっています。
08W97 接続できません : サーバは要求された暗号化タイプを受け入れませんでした。
08W98 このプラットフォームではデータベース '%1' を起動できません。http://www.ianywhere.jp/sas/os.html を参照してください。
08W99 このプラットフォームではデータベース '%1' を起動できません。http://www.ianywhere.jp/sas/os.html を参照してください。
08WA0 パスワードの有効期限が切れています。
08WA1 パスワードの有効期限が切れていますが、変更できません。データベースは読み込み専用です。
08WA2 データベース・サーバを起動できません : ライセンス・ファイルがありません
09W02 不正なカーソル処理をしようとしました。
09W03 '%1' では結果セットは許可されません。
09W04 カーソルの INSERT/DELETE は、1 つのテーブルしか変更できません。
09W05 カーソルでローをユニークに識別できません。
09W06 カーソルは FETCH NEXT 操作に制限されています。
09W07 文のサイズの制限値が無効です。
09W08 テーブル '%1' のすべて NULL のローを更新または削除できません。
0A000 '%1' の機能は実装されていません。
0A001 呼び出そうとしたメソッドは、お使いのアプリケーションでは使用できません。
0A002 このサーバには、'%1' 機能をサポートするためのライセンスが付与されていません
0A003 このサーバには、'%1' 接続をサポートするためのライセンスが付与されていません
0A004 このプラットフォームでは、この版の SQL Anywhere を利用できません
0AQ48 IQ データベースにはログが必要です。
0AW01 言語仕様が変更されました。
0AW02 Transact-SQL 機能がサポートされていません。
0AW03 行 %2 の '%1' の付近に、言語の使用できない拡張機能が検出されました。
0AW04 ランタイム・サーバではトリガおよびプロシージャはサポートされません。
0AW05 パススルー・モードでは文を使用できません。
0AW06 このデータベースでは、計算カラムはサポートされていません。
0AW07 Ultra Light では使用できない機能です。
0AW08 コミットされていないトランザクションとの同期またはアップグレードはできません。
0AW09 同期サーバがアップロードのコミットに失敗しました。
0AW10 DTC トランザクションはこのプラットフォームではサポートされていません。
0AW11 既存のローと競合しているため、ダウンロードに失敗しました。
0AW12 サーバ %1 でエラーが発生したため、同期に失敗しました。
0AW13 前回のアップロードのステータスが不明の場合、同期の user_name は変更できません。
0AW14 このタイプの文に対してプランを生成することはできません。
0AW15 マテリアライズド・ビューのサポートは、このデータベースでは利用できません
0AW16 FIPS モードでは %1 アルゴリズムは使用できません。
0AW17 前回のアップロードのステータスが不明の場合、Mobile Link リモート ID は変更できません。
0AW18 リモート・データ・サービス機能はこのプラットフォームではサポートされていません。
0AW19 クライアント・バージョンまたはクライアント・インタフェースではサポートされていない機能です。
0AW20 使用できるプランがありません。このタイプの文に対しては、NOEXEC プランは生成できません。
0AW21 プランがありません。このタイプの文またはデータベースでは、HTML_PLAN 関数はサポートされていません。
0AW22 このデータベースでは、DB 領域のパーミッションのサポートを利用できません
0AW23 同期ダウンロードは完了しませんでした
0AW24 同期はすでに進行中です
0AWD5 Mobile Link 通信エラー : コード : %1、パラメータ : %2、システム・コード %3
0EW00 テーブル '%1' にはカラムがありません
0EW01 インデックス '%1' にはカラムがありません
21000 SELECT 文が複数行を返しています。
21W01 サブクエリは複数行を返すことはできません。
22001 文字列データの右側がトランケートされます。
22002 NULL に対して、インジケータ変数が用意されていません。
22003 値 %1 は、対象先にとって大きすぎます。
22005 割り当てのエラー
2200B エスケープ文字 '%1' が矛盾しています。
2200C エスケープ文字 '%1' の使用が無効です。
22012 ゼロで除算しようとしました。
22019 エスケープ文字 '%1' が無効です。
2201B 正規表現 '%2' 中の '%1' が無効です。
22024 C 言語の文字列が完結していません。
22025 エスケープ・シーケンス '%1' が無効です。
22030 要求されたデータ型として NULL の結果を返すことができません。
22W02 最後に読み込まれた後で、ローは更新されています。操作はキャンセルされました。
22W03 WRITETEXT または READTEXT に無効な値を持つ TEXTPTR があります。
22X13 OLAP 関数の先頭または最後のサイズが無効です。
23501 テーブル '%2' のカラム '%1' を NULL にすることはできません。データ・ファイルの行 %3 で LOAD TABLE に無効なデータが指定されました。
23502 テーブル '%2' のカラム '%1' を NULL にすることはできません。
23503 テーブル '%2' の外部キー '%1' に対応するプライマリ・キーの値がありません。
23504 NULL を許可するカラムの数が制限を超えています。
23505 テーブル '%2' のインデックス '%1' はユニークでなければなりません。
23506 制約 '%1' の違反です : テーブル '%3' のカラム '%2' の値が無効です。
23507 指定された外部キー (%1) は使用できません。
23508 制約 '%1' の違反です : テーブル '%2' の値が無効です。
23509 テーブル '%1' に、MERGE 文の ANSI カーディナリティ違反があります
23510 テーブル '%1' の MERGE 文は失敗しました。文で RAISERROR が指定されています
23W01 テーブル '%1' のプライマリ・キーがユニークではありません : プライマリ・キー値 ('%2')
23W05 テーブル '%1' 内のローのプライマリ・キーがテーブル '%3' 内の外部キー '%2' によって参照されています。
24000 カーソルが有効な状態にありません。
24001 TRUNCATE の後に value-sensitive カーソルが使用されています
24501 カーソルが開きません。
24502 カーソルはすでに開いています。
24503 カーソルの現在のローがありません。
24504 スクロール位置 '%1' が不正です。
24W01 カーソルが宣言されていません。
26501 SQL 文にエラーがあります。
28000 ユーザ ID またはパスワードが無効です。
28W01 モジュールの前処理でのユーザ ID またはパスワードが無効です。
28W02 統合化ログインが許可されていません。
28W03 統合化ログインが必要です。標準ログインは許可されていません。
28W04 統合化ログインが失敗しました。
28W05 このデータベースでは、統合化ログインはサポートされていません。
28W06 統合化ログイン ID ゲストは、ゲスト・データベースのユーザ ID に対してのみマップできます。
28W07 sys または public ユーザ ID にログイン ID をマップすることはできません。
28W08 ログイン ID '%1' はすでにユーザ ID '%2' にマップされています。
28W09 ログイン ID '%1' はどのデータベース・ユーザ ID にもマップされていません。
28W10 統合されたユーザに対する個別のグループ・マッピングが多すぎます。
28W11 無効なパスワード : %1
28W12 Kerberos ログインが失敗しました。
28W13 Kerberos ログインはサポートされていません。
28W14 ログイン・モード '%1' は、login_mode 設定で許可されていません。
28W15 このユーザのログイン・ポリシーにより接続は許可されませんでした
2D501 トリガ・アクション内での COMMIT/ROLLBACK は許可されません。
33000 SQL 記述子名が正しくありません。
37505 関数 '%1' のパラメータ数が誤りです。
38W01 システム・コマンドが失敗し、リターン・コード %1 が返されました。
3B001 セーブポイント '%1' が見つかりません。
3B002 ROLLBACK TO SAVEPOINT は使用できません。
3BW01 セーブポイントには、ロールバック・ログが必要です。
3BW02 アトミックな複合文では、結果セットは使用できません。
40000 実行時 SQL エラーです -- %1
40001 デッドロックが検出されました。
40W01 データベースの内部エラー %1 -- トランザクションはロールバックされました。
40W02 ユーザによって中断させられました -- トランザクションはロールバックされました。
40W03 ハードディスクに空き領域がありません。'%1' -- トランザクションはロールバックされました。
40W04 I/O エラーです。%1 -- トランザクションはロールバックされました。
40W05 ディスク書き込みの失敗 '%1' -- トランザクションはロールバックされました。
40W06 すべてのスレッドがブロックされています。
40W07 接続が切断されました。
40W08 メモリ・エラー -- トランザクションはロールバックされました。
42501 パーミッションがありません : %1
42R01 テンポラリ・テーブルに対しては RESTRICT 以外の参照整合性アクションは許可されていません。
42R02 キー制約によって関連付けられているテーブルはどちらも、永久テーブルであるか、ON COMMIT DELETE ROWS を指定して作成されていないテンポラリ・テーブルである必要があります。グローバル・テンポラリ・テーブルの場合は、どちらか一方のテーブルが共有されていれば、他方のテーブルも共有されている必要があります。
42R03 テンポラリ・テーブル間のキー制約には、一意性制約を持たないプライマリ・キーが必要です。
42R04 外部キー・カラムがプライマリ・キーまたは \"%1\" の一意性制約に一致しません
42U00 ビューがテンポラリ・オブジェクトである '%1' を参照しています。ビューは、永久オブジェクトだけを参照できます。
42U01 相関名 '%1' への参照が不正です。
42U02 修飾されたカラム参照で使用されている所有者 '%1' は相関名 '%2' と一致していません。
42U03 カラム '%1' に対する SET 句の使用法が正しくありません。
42U04 制約 '%1' が見つかりません。
42U05 (メッセージなし)
42U06 制約 '%1' への参照または操作が無効です。
42U07 テーブル '%1' に指定されたヒントが無効です。
42U08 CREATE DATABASE 文では重複オプションは許可されていません
42W01 ユーザ '%1' はすでにパーミッションを付与されています。
42W02 この操作はグループ循環を起こします。
42W03 ユーザ '%1' はユーザ・グループではありません。
42W04 '%1' %2 の近くに構文エラーがあります。
42W05 関数 '%1' はありません。
42W06 集合関数の使用が無効です。
42W07 無効なホスト変数です。
42W08 '%1' 付近に無効な式があります。
42W09 プロシージャ、トリガ、イベント、またはバッチでは SETUSER を実行できません。
42W13 カラム番号が無効です。
42W14 変数 '%1' が見つかりません。
42W15 '%1' という変数はすでに存在します。
42W16 オプション '%1' が無効です -- PUBLIC 設定がありません。
42W17 オプション '%1' の設定が無効です。
42W18 '%2' のローは、ユーザ '%1' によってロックされています。
42W19 '%1' でデータベースを使用している間は許可されません。
42W20 CHECKPOINT 文にはロールバック・ログが必要です。
42W21 テーブルは使用されています。
42W22 アクティブなデータベース要求を 2 つ出そうとしました。
42W23 プロシージャは '%1' によって使用されています。
42W24 ラベル '%1' は見つかりません。
42W25 FETCH 文中の絶対または相対オフセットの指定が無効です。
42W26 FETCH 文の中の変数の数が正しくありません。
42W28 アトミックなオペレーション内での COMMIT/ROLLBACK は許可されません。
42W29 プロシージャまたはトリガの呼び出しのネストが深すぎます。
42W30 読み込み専用のカーソルを更新しようとしました。
42W31 更新できないクエリに対して、更新しようとしました。
42W32 テーブル '%2' のカラム '%1' を変更できません。
42W33 テーブル '%1' が見つかりません。
42W34 ユーザ '%1' はすでにグループ '%2' のメンバです。
42W35 更新できないリモート・クエリに対して、更新しようとしました。
42W36 FOR UPDATE が READ ONLY カーソルに誤って指定されました。
42W37 ORDER BY 句にあるため、カラム '%1' を更新できません。
42W38 SELECT 句にないため、カラム '%1' を更新できません。
42W39 ビュー '%1' の INSTEAD OF トリガと WITH CHECK OPTION が競合しています。
42W3A テーブルまたはビュー '%1' に INSTEAD OF トリガがあるため、操作に失敗しました。
42W3B INSTEAD OF トリガのあるビューで位置付け更新しようとしました。
42W3C ビュー '%1' のトリガ・タイプが無効です。
42W3D マテリアライズド・ビュー '%1' でトリガを作成できません。
42W40 参照カラムが重複しています。
42W41 挿入したカラムが重複しています。
42W42 プロシージャ '%1' の呼び出しに必要なパラメータ名がありません。
42W43 オプション '%1' は PUBLIC な設定のみが許されています。
42W44 テーブル '%1' から定義されているよりも多いカラムを削除しようとしています。
42W45 ユーザ '%1' に対するテンポラリ・オプションを設定することはできません。
42W46 DBA のみがオプション '%1' を設定できます。
42W47 プロシージャ '%2' にパラメータ '%1' がありません。
42W48 構文エラーです。IQ 指定オプションを指定するには IQ PATH が必要です。
42W49 TRUNCATE TABLE 文は、ビューには使用できません。
42W50 READTEXT 文や WRITETEXT 文はビューを参照できません。
42W51 VALIDATE 文はベース・テーブルを参照しなければなりません。
42W52 オプション '%1' はテンポラリ・オプションとしてのみ設定できます。
42W53 オプション '%1' はプロシージャ内から設定できません。
42W54 シグニチャ '%1' はプロシージャのパラメータと一致しません。
42W55 ユーザは使用中のプロシージャを所有しています。
42W56 ユーザは使用中のテーブルを所有しています。
42W57 外部オブジェクト '%1' が見つかりません。
42W58 JAR '%1' が見つかりません。
42W59 派生テーブル '%1' の select リストに '%2' と一致する式がありません。
42W60 エイリアス '%1' がユニークではありません。
42W61 エイリアス '%1' の定義は、最初の参照前に記述する必要があります。
42W62 テーブル '%1' のローが、BEFORE トリガで修正または削除されました。
42W63 プロシージャ '%1' は有効でなくなりました。
42W64 テーブル '%1' のトリガまたは外部キーは有効でなくなりました。
42W65 ORDER BY 句で使用されている、'%1' に対する関数またはカラムの参照は不正です。
42W66 トリガ名 '%1' はあいまいです。
42W67 CREATE/DROP STATISTICS 文では、仮想テーブルを参照できません。
42W68 集約式 '%1' に複数のカラムが含まれ、その 1 つ以上が外部参照です。
42W69 集約式 '%1' は select リストまたは HAVING 句サブクエリのいずれかに記述されている必要があります。
42W70 グループ化されたクエリに、複数の異なる集合関数が含まれています。
42W71 文に NUMBER(*) 関数の不正な使用が含まれています。
42W73 '%1' にジョインする方法がありません。
42W74 インデックス '%1' をクラスタできません。
42W75 同期プロファイル '%1' が見つかりません
42W76 同期プロファイル '%1' はすでに存在します
42W77 同期プロファイル '%1' に無効なパラメータ '%2' があります
42W78 このデータベースでは、同期プロファイルはサポートされていません。
42W79 文に非決定的関数 '%1' の不正な用法が含まれています。
42W80 他の接続が '%1' のローをロックしています
42W82 ユーザ設定が存在するため、PUBLIC オプション '%1' を削除できません。
42W83 HTTP オプション '%1' の設定が無効です。
42W84 HTTP ヘッダ '%1' の設定が無効です。
42W85 '%1' は '%2' に対して無効な値です。
42W86 SOAP ヘッダ '%1' の設定が無効です。
42W90 集約関数の ORDER BY が不正です。
42W91 監査用のトランザクション・ログ・ファイルが必要です。
42W92 CREATE SERVICE にはサービス・タイプが必要です。
42W93 共通テーブル式参照に循環があります。
42W94 '%1' は認識されていないサービス・タイプです。
42W95 サービス名 '%1' は無効です。
42W96 AUTHORIZATION が Off の場合はユーザ名を指定する必要があります。
42W97 サービス '%1' はすでに存在します。
42W98 サービス '%1' が見つかりません。
42W99 再帰クエリが無効です。
42W9A 再帰クエリのカラム・リストがありません。
42W9B サービス定義のホスト変数参照には名前が必要です。
42W9C サービス文定義とサービス・タイプが矛盾しています。
42W9D GROUP BY 句には定数式を使用できません。
42W9E AUTHORIZATION が OFF の場合、サービス定義には文が必要です。
42WA0 RECURSIVE キーワードなしの再帰は許可されません。
42WA1 ROLLUP、CUBE、または GROUPING SETS 操作に対する GROUP BY リストの式が多すぎます。
42WA2 再帰カラム %1 : '%2' から '%3' への変換では、精度が失われます。
42WA3 ウィンドウ '%1' が見つかりません。
42WA4 ウィンドウ '%1' への参照には、PARTITION BY は許可されません。
42WA5 ウィンドウ '%1' では、ORDER BY は許可されません。
42WA6 ウィンドウ '%1' では、フレームは許可されません。
42WA7 集合関数 GROUPING への引数は GROUP BY 句のグループ・カラムである必要があります。
42WA8 Window 関数が述語に使用されています。
42WA9 Window 関数には ORDER BY が必要です。
42WAA 複合 ORDER BY は RANGE とは併用できません。
42WAB ユーザ '%1' はすでに EXECUTE パーミッションを付与されています。
42WAC 関数またはプロシージャ '%1' に引数が多すぎます。
42WAD サービスの属性 '%1' の値が無効です。
42WAE サービスの属性 '%1' の値がありません。
42WAF USING 属性のサービスにあるプロパティ '%1' はサポートされていません。
42WB0 サービスに重複した属性 '%1' があります。
42WB1 USING 属性は、FORMAT 属性または GROUP 属性と共存できません。
42WB2 サービス・タイプでは、属性 '%1' は許可されません。
42WB3 '%1' の近くに構文エラーがあります -- マテリアライズド・ビューの定義では次の構成体を使用できません : '%2'
42WB4 '%1' の近くに構文エラーがあります -- マテリアライズド・ビューを即時に変更できません。マテリアライズド・ビューの定義に次の不正な構成体が含まれています : '%2'
42WB5 マテリアライズド・ビュー '%1' が見つかりません。
42WB6 マテリアライズド・ビューを作成できません。オプション '%1' に不適切な設定があります。
42WB7 マテリアライズド・ビューを更新できません。オプション '%1' に不適切な設定があります。
42WB8 スナップショット開始後にテーブルが作成または変更されました。
42WB9 スナップショット中は文を使用できません。
42WBA スナップショット・トランザクションで更新の競合が発生しました。
42WBB スナップショット・アイソレーションを非スナップショット・トランザクションで使用しようとしました。
42WBC マテリアライズド・ビュー '%1' を使用できません。このビューは初期化されていません。
42WBD 計算カラムの依存に循環があります。
42WBE ユーザ '%1' がトランザクションのレプリケーションを実行している間は、これらのパーミッションを取り消すことはできません。
42WBF 相関名 '%1' は、ROWID 関数では使用できません。
42WC0 重複キー・カラム (%1)
42WC1 テーブル '%1' には、ROWID 関数への無効な参照が含まれています。
42WC2 '%1' プロパティはサポートされなくなりました。
42WC3 マテリアライズド・ビュー %1 を即時に変更できません。すでに初期化されています。
42WC4 指定した時間内でテーブル・ロックを取得できません。
42WC5 マテリアライズド・ビューを即時に変更できません。マテリアライズド・ビューの定義に複数のクエリ・ブロックを含めることはできません。
42WC6 マテリアライズド・ビューを即時に変更できません。COUNT(*) が SELECT リストの一部に必要です。
42WC7 マテリアライズド・ビューを即時に変更できません。非集合の NULL 入力不可のカラムにユニークなインデックスがありません。
42WC8 依存する即時マテリアライズド・ビューのメンテナンスに失敗しました。
42WC9 トランザクションで 2 つ目のスナップショットの起動を試みています。
42WCA マテリアライズド・ビュー %1 を即時に変更できません。NULL 入力不可のカラムにユニークなインデックスがありません。
42WCB マテリアライズド・ビューを即時に変更できません。マテリアライズド・ビューの定義に不正な構成体が含まれています。
42WCC サービス文定義が無効であるか、サポートされていません。
42WCD 即時マテリアライズド・ビューの定義に NULL 入力可の式に対する SUM 関数を含めることはできません。
42WD3 テーブル '%1' を参照する即時ビューを作成するには、テーブルを所有している必要があります
42Z00 書き込みアクセスが拒否されました。
44000 ベース・テーブル '%1' の挿入/更新に対して WITH CHECK OPTION が違反しています。
52002 カラム '%1' が複数のテーブルで見つかりました。相関名が必要です。
52003 カラム '%1' が見つかりません。
52004 派生テーブル '%1' にはカラム %2 に対する名前がありません。
52005 テーブル '%2' にカラム '%1' がありません。
52009 プライマリ・キー・カラム '%1' はすでに定義されています。
52010 アイテム '%1' はすでに存在しています。
52012 '%1' は複数のテーブルで使用されています。
52W02 相関名 '%1' が見つかりません。
52W03 インデックス '%1' が見つかりません。
52W04 インデックス名 '%1' はユニークではありません。
52W05 テーブルに 2 つのプライマリ・キーを定義することはできません。
52W06 テーブル '%2' の外部キー '%1' は、既存の外部キーと重複しています。
52W07 外部キー '%1' は見つかりません。
52W08 '%1' を '%2' にジョインするための方法が複数あります。
52W09 プロシージャ '%1' は見つかりません。
52W10 トリガ '%1' が見つかりません。
52W11 トリガの定義が既存のトリガと矛盾しています。
52W12 トリガ定義中の REFERENCES 句が無効です。
52W13 DB 領域 '%1' が見つかりません。
52W14 テーブル '%1' は外部ジョイン循環です。
52W15 テーブル '%1' にはユニークな相関名が必要です。
52W16 ユーザ・メッセージ %1 はすでに存在しています。
52W17 ユーザ・メッセージ %1 が見つかりません。
52W18 ユーザ定義データ型 '%1' が見つかりません。
52W19 テーブル '%1' の DB 領域が見つかりません。
52W20 テーブルのカラム数が多すぎます。
52W21 プロシージャまたはトリガ内では、データ定義文は使用できません。
52W22 ビューで、カラムのパーミッションを GRANT することはできません。
52W23 Transact-SQL の外部ジョインの WHERE 句の式が無効です。
52W24 Transact-SQL の外部ジョインで使用されるジョイン・タイプが無効です。
52W25 不正な比較です。
52W26 共有テンポラリ・テーブルに対して無効なコミット・アクションです。
52W40 インデックス名 '%1' があいまいです。
52W41 接続しているテンポラリ・テーブルが多すぎます。
52W42 テーブル名 '%1' はあいまいです。
52W43 デフォルトの DB 領域 '%1' が見つかりません。
53002 INSERT 文に指定した値の数が正しくありません。
53003 '%1' に対する関数またはカラムの参照も GROUP BY 句に記述する必要があります。
53005 ORDER BY 句の指定が不正です。
53011 ビューに定義されるカラムの数が SELECT 文と一致しません。
53017 %1 を %2 に変換できません。データ・ファイルのロー %4 のカラム '%3' に不正な値が指定されています。
53018 値 %1 をデータ型 %2 に変換できません。
53019 プロシージャ '%1' からの戻り値のタイプ void はすべての式で使用できません。
53023 select リストの中にカラムが 2 つ以上指定されています。
53026 UNION、INTERSECT、または EXCEPT の select リストの長さが一致していません。
53030 外部キーのカラム '%1' にプライマリ・キーと異なる定義があります。
53W01 ALTER 句が矛盾しています。
53W02 式を更新できません。
53W04 '%1' を '%2' にジョインできません。
53W05 インデックスのカラムを変更することはできません。
53W06 トリガの定義で参照されているカラムは削除または名前の変更ができません。
53W07 RAISERROR のエラー番号 %1 は、17000 未満にしないでください。
53W08 フォーマット文字列の引数番号 %1 が無効です。
53W09 WRITETEXT または READTEXT のカラムのデータ型が無効です。
54003 識別子 '%1' が長すぎます。
54W01 文のサイズまたは複雑度がサーバの制限を超えています。
54W02 データベースの制約が多すぎます。
54W03 データベースのページ・サイズが小さすぎます : %1
54W04 指定されたリスナを登録できませんでした。
54W05 テンポラリ領域の制限を超えています。
54W06 文字列が長すぎます (%1)。
54W07 パスワードは最低 %1 文字以上でなければなりません。
54W08 パスワードの長さは %1 文字以内です。
54W09 文字カラム、変数、または値のデータ型のサイズが 32767 を超えました。
54W10 データベースのユーザが多すぎます。
54W11 BLOB への参照が多すぎます。
54W12 オープン・カーソルが多すぎます
54W13 SELECT リストのカラムが多すぎます
54W14 GROUP BY リストの式が多すぎます
54W15 プロシージャ結果セットのカラムが多すぎます
54W16 MESSAGE ... FOR CONNECTION メッセージが多すぎます
54W17 最大文字列長を超えました。
54W50 仮想インデックスの作成に %1 を超えるカラム数が使用されています。
54W51 テーブルの再編成はすでにテーブル \"%1\" で実行中です
54W52 無効なドメイン '%1'
55008 テーブル '%1' にはプライマリ・キーが定義されていません。
55013 テーブルにはすでにプライマリ・キーが定義されています。
55W02 テーブルは空でなければなりません。
55W03 ランタイム・システムでは、テーブルを所有しているユーザを削除することはできません。
55W04 ランタイム・サーバでは、プロシージャを持つユーザを削除できません。
55W05 メッセージまたはデータ型を所有するユーザは削除できません。
55W06 レプリケーションでのオブジェクトを持つユーザを削除できません。
55W07 db_init が呼び出されていないか db_init の呼び出しに失敗しました。
55W08 読み込み専用データ・ベースに対しての修正は禁止されています。
55W09 トランザクションにエンリストされている場合は、コミットまたはロールバックできません。
55W10 トランザクションにすでにエンリストされている場合は、さらにトランザクションにエンリストすることはできません。
55W11 コミットされていないデータを保留にしたままで、トランザクションにエンリストすることはできません。
55W12 テキスト設定を所有しているユーザは削除できません。
55W13 ランタイム・サーバでは強力な暗号化方式のデータベース・ファイルはサポートされません。
55W14 閉じられたオブジェクトに対する操作は無効です。
55W15 サービス '%1' は使用中です。
55W16 オブジェクト '%1' を削除または変更できません。少なくとも 1 つのオブジェクト (%2 '%3') が依存しています。
55W17 ビュー '%1' を使用できません。このビューは無効になっています。
55W18 ビュー '%1' を使用できません。このビューは無効です。
55W19 不正なカラム定義 : %1
55W20 このデータベースは暗号化されたテーブルをサポートしていません。
55W21 即時マテリアライズド・ビューの最後のユニーク・インデックスを削除できません。
55W23 スナップショット・アイソレーションが無効または保留になっています。
55W24 トレースを再表示できません : 少なくとも 1 つの有効化されているトレース・レベルを指定する必要があります。
55W25 Transact-SQL 外部ジョインは現在無効になっています。
55W26 DB 領域 '%1' にテーブルまたはインデックスが含まれているため削除できません。
55W27 暗号化が有効になっていません。
55W28 トレーシングしたクエリ (%1、%2) は存在しません。
55W29 即時マテリアライズド・ビュー %1 が依存している複数のテーブルを更新できません。
55W30 TRUNCATE TABLE は許可されません : 初期化された即時マテリアライズド・ビュー %1 は %2 に依存しています
55W31 依存する即時マテリアライズド・ビューがあるテーブルでは、オペレーションは認められません。
55W32 WRITETEXT は許可されません : 即時マテリアライズド・ビュー %1 は %2 に依存しています
55W33 INSERT ... ON EXISTING UPDATE は許可されません : 即時マテリアライズド・ビュー %1 は %2 に依存しています
55W34 使用中の設定は変更できません
56001 テーブル '%1' には参照動作の外部キーが含まれています。
57014 文の実行がユーザによって中断させられました。
57015 再帰反復が多すぎます。
57W01 タイムアウトになったため、要求が中断されました。
57W02 機能 '%1' の使用は許可されません。
57W03 要求された容量分 DB 領域 '%1' を拡張するのに十分な空き領域がデバイスにありません。
57W04 機能 '%2' を必要とする文 '%1' の使用は許可されません。
57W05 文がタイムアウトになりました : '%1'
5RW01 パブリケーション '%1' が見つかりません。
5RW02 テーブル '%1' はパブリケーションを持っています。
5RW03 '%2' の '%1' に対するサブスクリプションはすでに存在します。
5RW04 '%2' の '%1' に対するサブスクリプションが見つかりません。
5RW05 ユーザ '%1' はすでにこのデータベースのパブリッシャです。
5RW06 ユーザ '%1' はこのデータベースのリモート・ユーザではありません。
5RW07 リモート・メッセージ・タイプ '%1' が見つかりません。
5RW08 パススルー文は、現在のパススルーと一致しません。
5RW09 リモートの文が失敗しました。
5RW10 複数の統合ユーザを定義することはできません。
5RW11 同期メッセージ・タイプ '%1' が見つかりません。
5RW12 '%1' という名前の同期サブスクリプションが見つかりません。
5RW13 '%1' にサブスクリプションを作成できません。
5RW14 ALTER PUBLICATION を使用して同期エントリを変更できません。
5RW15 ALTER SYNCHRONIZATION を使用してパブリケーション・エントリを変更できません。
5RW16 プライマリ・キーがないためテーブル '%1' と同期できません。
5RW17 同期処理ではテーブル '%1' にプライマリ・キーを含める必要があります。
5RW18 BLOB プライマリ・キーでテーブル '%1' に同期エントリを作成できません。
5RW19 パブリケーションで使用するテーブル '%1' のプライマリ・キーを更新できません。
5RW21 他の排他インスタンスが実行されているため、'%1' を登録できません。
5RW22 他の '%1' を排他アプリケーションとして登録できません。
5RW23 アプリケーションの cookie が無効なため接続を登録できません。
5RW24 cookie が無効なためアプリケーションの登録を取り消せません。
5RW25 アクティブな登録された接続があるため '%1' の登録を取り消せません。
5RW26 現在の接続はすでに '%1' に '%2' として登録されています。
5RW27 他の接続はすでに '%1' として登録されています。
5RW28 登録 cookie が足りないため '%1' を登録できません。
5RW29 自動ラベルが足りないため '%1' に接続を登録できません。
5RW32 同期オプション '%1' にセミコロン、等号、または中カッコが含まれているか、オプションが NULL です。
5RW33 同期オプション '%1' が見つかりません。
5RW34 同期オプションが長すぎます。
5RW35 テーブル '%1' が同期定義の一部です。
5RW36 テーブル '%1' はすでにインクルードされています。
5RW37 '%1' という名前の同期ユーザが見つかりません。
5RW38 パブリケーション・タイプで操作が競合しています。
5RW39 '%1' という名前の同期定義が見つかりません。
99999 ユーザ定義の例外が通知されました。
WB001 不明なバックアップ操作です。
WB002 データベースのバックアップを起動できません。
WB003 トランザクションが終了していないため、トランザクション・ログの名前の変更はできません。
WB004 データベース・ファイルが削除できません。
WB005 トランザクション・ログはトランケートされました。
WB006 バックアップ・ファイルの内容が矛盾しています。
WB007 バックアップ・ファイルのフォーマットが無効です。
WB008 RESTORE によってファイル '%1' を開くことができません。
WB009 RESTORE によってファイル '%1' に書き込むことができません。
WB010 RESTORE によってデータベース '%1' を起動できません。
WB011 バックアップ・ログ '%1' が開けません。
WB012 バックアップ・ファイル '%1' はすでに存在します。
WB013 無効なバックアップ操作です。
WB014 BACKUP を実行しようとした接続には、コミットされていないトランザクションがあります。
WB015 無効なバックアップ・パラメータ値です。
WB016 BACKUP 句 '%1' が '%2' と競合します。
WB017 バックアップはデータベース・ファイル '%1' を開けません。
WC001 '%1' は認識できない文字セット・エンコード・ラベルです。
WC002 要求された文字セット '%1' とデータベース側文字セット '%2' 間の変換はできません。
WC003 %1 から %2 に変換するときに、無効なマルチバイトの入力文字が検出されました。
WC004 指定した UTF-16 エンディアンは、データで見つかった Byte Order Mark に一致しません
WC005 %1 から %2 に変換する場合は文字の置換が必要です。
WC007 シングルバイト・コンバータの利用時には、文字変換のエラーまたは警告レポートは使用できません。
WC008 要求された文字セット '%1' と '%2' 間の変換はできません。
WC009 '%1' は、照合 '%2' で使用するのに有効な文字セット・エンコードではありません。
WC010 '%1' は、NCHAR 照合として使用できません。UCA と UTF8BIN のみを使用できます。
WC011 文字セット '%1' から '%2' への変換が失敗しました。
WC012 dbicu ライブラリが必要ですが、インストールされていません。
WC013 照合 '%1' はこのプラットフォームではサポートされていません。
WC014 dbicu ライブラリとサーバのバージョンが一致しません。
WC015 データベース \"%1\" を開始できません。このプラットフォームでは、CHAR 照合または適合化がサポートされていません。
WC016 データベース \"%1\" を開始できません。このプラットフォームでは、NCHAR 照合または適合化がサポートされていません。
WC017 '%1' を '%2' データのエンコード指定として使用することはできません。
WE001 イベント '%1' が見つかりません。
WE002 イベント '%1' がすでに存在します。
WE003 イベント '%2' に対するスケジュール '%1' が見つかりません。
WE004 イベント '%2' に対するスケジュール '%1' はすでに存在します。
WE005 イベント '%2' の曜日または月 '%1' が無効です。
WE006 イベント '%2' の時刻 '%1' が無効です。
WE007 イベント '%1' の開始日時が無効です。
WE008 システムのイベント・タイプ '%1' が見つかりません。
WE009 イベント '%1' は使用中です。
WE010 繰り返されないイベント '%1' の開始日時が過去に設定されています。
WE011 イベント通知キュー '%1' が満杯なため、通知は破棄されました
WE012 キュー '%1' でイベント通知が失われました
WE013 イベント通知キュー '%1' に警告は見つかりません
WE014 イベント通知キュー '%1' が見つかりません
WE015 イベント・オブジェクト名 '%1' は無効です
WE016 '%1' という名前のイベント・オブジェクトはすでに存在します
WE017 タイムアウトするまでに、キュー '%1' で通知がありませんでした
WE018 イベント・パラメータ '%1' が見つかりません
WI002 テーブル %1、インデックス %2 のインデックスの検証は次のコードで失敗しました : %3
WI003 データベース・ページの検証は次のコードで失敗しました : %1
WI004 内部ロールバック・ログが破損しています。
WI005 テーブル '%2' に対するインデックス '%1' を見つけることができません。
WI009 クラス '%1' を使用して Java オブジェクトをシリアル化できません。
WI010 オプティマイザは有効なアクセス・プランを構成できませんでした。
WI011 必要な演算子が含まれていません。
WJ001 メソッド '%1' は現時点では呼び出せません。
WJ002 パラメータが出力パラメータとして登録されていません。
WJ003 指定されたトランザクションの独立性が不正です。
WJ004 カーソル名 '%1' はすでに存在します。
WJ005 入力パラメータ・インデックスが範囲外です。
WJ006 戻り値が設定できません。
WJ007 JDBC 機能 '%1' はサポートされません。
WJ008 開いている準備文または呼び出し可能な文を変更できませんでした。
WJ009 '%1' で内部エラーが発生しました。
WJ010 閉じられた '%1' に対する操作は無効です。
WJ011 クラスを通してインスタンス・メンバにアクセスできません。
WJ012 \"final\" 変更子で修飾されるメンバ・フィールドを更新できません。
WJ013 '%1' で内部エラーが発生しました。
WJ014 閉じられた '%1' に対する操作は無効です。
WJ015 JDBC SAStatement バッチ実行は中止されました。
WJ016 JDBC SAResultSet で引数に 0 を指定して absolute メソッドを実行しようとしました。
WJ017 不正な JDBC 結果セット・タイプです。
WJ018 不正な JDBC 結果セットの同時実行性です。
WJ019 挿入ローにある場合、JDBC 結果セット上の '%1' 関数を呼び出せません。
WJ020 '%1' 関数を使用するには、JDBC 結果セットは挿入ロー上にある必要があります。
WJ021 現在の JDBC 結果セット内のテーブル '%1' のカラム '%2' を一意に識別できません。
WJ022 データベースは Java 仮想マシンをサポートしていません。
WJ023 '%1' はパブリック Java クラスでないため、SQL から参照できません。
WJ024 '%1' はパブリック Java 参照でないため、SQL から参照できません。
WJ025 JDK '%1' はサポートされている JDK ではありません。
WJ026 '%1' の JDK バージョンは '%2' と一致していません。
WJ027 Java SecurityManager クラスがありません : %1
WJ028 Java SecurityManager をロードしているときに例外が発生しました。
WJ029 この Java 関連コマンドを実行するにはデータベースを再起動する必要があります。
WJ030 外部環境 '%1' が見つかりませんでした。
WJ031 外部環境は結果セットをサポートしていません。
WL001 '%1' は既知のファイル形式でないため、テーブルをロードまたはアンロードできません。
WL002 ファイル '%1' にアクセスできません -- %2
WL004 UNLOAD TABLE は、ビューのアンロードには使用できません。
WL005 トランザクションをエンリストできません。DTC がダウンしている可能性があります。
WL006 トランザクションを再エンリストできません。DTC がダウンしている可能性があります。
WL007 テンポラリ・テーブル上では LOAD TABLE を ON COMMIT DELETE ROWS と併用できません。
WL008 ミラーリングされたデータベースで LOAD TABLE は許可されていません。
WL009 別のテーブルからの外部キー参照があるテンポラリ・テーブルには、LOAD TABLE は使用できません。
WL010 指定したロギング・タイプ ( '%1' ) は無効か、サポートされていないか、または互換性がありません。
WL011 テーブル \"%1\" のカーソルを閉じることができません。LOAD TABLE は実行できません。
WL012 圧縮または暗号化の使用中は付加できません
WL013 LOAD TABLE エラー : %1
WL014 マテリアライズド・ビュー %1 では、LOAD TABLE は許可されません
WL015 LOAD TABLE は許可されません : 初期化された即時マテリアライズド・ビュー %1 は %2 に依存しています
WO001 サーバ '%1' に接続できません : %2
WO002 接続できません。サーバ定義が循環しています。
WO003 リモート・サーバ '%1' は現在読み込み専用に設定されています。
WO004 リモート・サーバ '%1' が見つかりませんでした。
WO005 サーバ '%1': %2
WO006 後方スクロール・カーソルはリモート・オブジェクトではサポートされません。
WO007 リモート・テーブル '%1' が見つかりませんでした。
WO008 テーブル '%1' のカラム情報にアクセスできませんでした。
WO010 %1
WO011 リモート・サーバはオートインクリメントするデータ型をサポートしていません。
WO012 リモート・サーバにはこの文をサポートする機能がありません。
WO013 サーバ '%1' の外部ログインが見つかりませんでした。
WO014 サーバ機能名 '%1' がデータベース内に見つかりませんでした。
WO015 カラム '%1' に指定されたデータ型は、実際のデータ型と互換性がありません。
WO016 カラム '%1' はリモート・テーブルに存在しません。
WO017 カラム '%1' に指定された長さは実際の長さと異なります。
WO018 NULL 属性はカラム '%1' に適合しません。
WO019 Identity 属性はカラム '%1' に適合しません。
WO020 テーブル仕様 '%1' が複数のリモート・テーブルを指定しています。
WO021 計算カラムを使用したリモート・テーブルの作成はサポートされていません。
WO022 カラム '%1' のデータ型はサポートされていません。
WO023 ストアド・プロシージャ内のリモート・テーブルに関わる式を処理できません。
WO024 指定されたローカル接続 ID が見つかりません。
WO025 ローカル接続 ID は現在のデータベースを参照していません。
WO026 現在の接続ではないリモート JDBC 接続は閉じることができません。
WO027 ファイル・システム・エラー : '%1'
WO028 このユーザには外部ログインが存在するため、削除できません。
WP000 プロシージャ '%2' の引数 %1 に NULL は指定できません。
WP001 プロシージャ '%1' は処理されない例外 '%2' で終了しました。
WP002 '%1' は有効なクラス・ファイルではありません。
WP003 クラス '%1' を JAR から圧縮解除できませんでした。
WP004 クラス '%1' を削除できません : JAR のメンバです。
WP005 クラスのバイト・コードが不正です。
WP006 '%1' が見つからないため、外部環境を起動できませんでした。
WP007 内部関数でネーム・スペースのヒープが足りなくなりました : %1
WP008 内部関数で Java VM のヒープが足りなくなりました : %1
WP009 %1 のリソース・ガバナーが制限を超えています。
WP010 不正な JAR ファイルです。
WP011 前回のエラーが RESIGNAL の前になくなりました。
WP012 %1 から返された結果セットのスキーマは予期されているものと異なります。
WP013 %1 から複数の結果セットが返されました。
WP014 %1 から結果セットが返されません。
WP015 Java 仮想マシンを起動するにはキャッシュが不足しています。
WP016 SELECT INTO を最適化しているときに検出された警告はエラーとして処理されます。
WT001 引数 \"%1\" はカラム参照である必要があります。
WT002 すべてのカラム参照引数は、同じテーブルを参照しなければなりません。
WT003 一致するテキスト・インデックスがありません。
WT004 テキスト・クエリ文字列が定数ではないか、不明です。
WT005 テキスト設定 \"%1\".\"%2\" が見つかりません。
WT006 テキスト設定 \"%1\" はすでに存在します。
WT007 単語の長さが許容範囲を超えています。
WT008 照合が無効です : \"%1\"
WT009 テキスト・クエリ・パーサ・エラー : %1
WT010 テーブル '%2' のテキスト・インデックス '%1' を作成するときにエラーが発生しました。
WT011 このデータベースでは、テキスト・インデックスはサポートされていません。
WT012 テキスト・インデックスにより参照されているテキスト設定を変更または削除することはできません。
WT013 テキスト・インデックスの一部であるテーブルにはアクセスできません。
WT014 テキスト設定 '%1' を作成できません。オプション '%2' に不適切な設定があります。
WT015 IMMEDIATE REFRESH テキスト・インデックスにはコマンドを使用できません。
WT016 テキスト・クエリで、NEAR 演算子の使用が無効です。
WT017 このプロシージャに対する引数はリテラル文字列である必要があります。
WT018 指定したストップリストが長すぎます。
WT019 テキスト・インデックス %1 を再表示する必要があります。
WT020 ビューまたは派生テーブル '%1' では、CONTAINS クエリは許可されません。
WT021 \"%1\ と同じ設定でこのテーブルに新しいテキストを作成できませんでした。
WW001 パターンが長すぎます。
WW002 データベース・サーバを停止できません。
WW003 データベース・サーバ外の関数呼び出しはサポートされていません。
WW004 外部関数のプラットフォーム指定子と、現在のオペレーティング・システムが一致しません。
WW005 ダイナミック・ライブラリ名が必要です。
WW006 ダイナミック・ライブラリ '%1' をロードできませんでした。
WW007 ダイナミック・ライブラリ '%2' に '%1' が見つかりませんでした。
WW008 外部関数の呼び出しのためのリソースを割り付けられませんでした。
WW009 式にサポートされていないデータ型があります。
WW010 この外部プロシージャの呼び出しには、パラメータ数が多すぎます。
WW011 内部用のスレッドが起動できませんでした。
WW012 RAISERROR が実行されました : %1
WW013 クラス '%1' はパブリックなフィールド '%2' がありません。
WW014 フィールドに対して不正な型を参照しました。
WW015 クラス '%2' のフィールド '%1' は NULL になることはできません。
WW016 '%1' のインデックスの型の指定は不正です。
WW017 データベース '%1' の削除に失敗しました。
WW018 Java オブジェクトをデシリアライズできません。
WW019 プリフェッチの間にデッドロックされたためロールバックが発生しました。
WW020 行 %1 に無効な要求ログ・フォーマットがあります。
WW022 Java クラス '%1' にインデックスを作成できません。
WW023 計算カラム '%1' を挿入または更新できません。
WW024 通信環境を作成できませんでした。
WW025 テスト・ハーネスによって内部エラーが発生しました。
WW026 外部関数呼び出しに互換性がありません。
WW027 dbmlsync ダウンロード・フェーズでの競合が検出されました。
WW028 指定された DB 領域の少なくとも 1 つが調整されていませんでした。
WW029 ワークロード・キャプチャ (%1) はすでに進行中です。
WW030 ワークロード・キャプチャは現在行われていません。
WW031 スキーマ・ファイル '%1' にアクセスできません。
WW032 最後の同期アップロードのステータスは不明です。
WW033 スキーマのアップグレードは現在有効ではありません。
WW034 データベース '%1' が見つかりませんでした。
WW035 この接続はすでに存在します。
WW036 同期の情報が不完全か無効です。'%1' を確認してください。
WW037 圧縮エラー : %1
WW038 解凍エラー : %1
WW039 入力文字列は base64 でエンコードされていません。
WW040 Ultra Light の接続がリストアされました。
WW041 Ultra Light のカーソル (あるいは結果セットまたはテーブル) がリストアされました。
WW042 チェックサムがこのデータベースで有効にされていません。
WW043 '%1' のファイル I/O に失敗しました。
WW044 '%1' のボリューム ID が不正です。
WW045 操作が失敗しました。カラム '%1' のタイプがストリーミングをサポートしていません。
WW046 スクリプト・ファイルの行の区切りに文デリミタ \"go\" がありません
WW047 出力ファイルのディレクトリが存在しません。
WW048 出力ファイルを書き込めません。
WW049 URI '%1' が無効です。
WW050 '%1' で指定されたリモート・ホストに接続できません。
WW051 接続がタイムアウトしました。
WW052 HTTP 要求に失敗しました。ステータス・コード '%1'
WW053 暗号化 DLL を初期化できませんでした : '%1'
WW055 プロシージャ・タイプ '%1' が無効です。
WW056 タイプ '%2' のプロシージャ・サブタイプ '%1' が無効です。
WW057 HTTP サーバからの応答が無効です。
WW058 プロシージャ・タイプ '%1' の NAMESPACE 属性が無効です。
WW059 リモート・ホストへの安全な接続に失敗しました : %1
WW060 句 '%1' に無効な属性 '%2' があります。
WW061 データベースが作成されました。
WW062 オプション '%1' が認識されません。
WW063 安全な HTTP 接続はこのプラットフォームではサポートされていません。
WW064 プロシージャ・タイプ '%2' の '%1' 属性が無効です。
WW065 ローカル・テンポラリとして宣言されたテーブルにコメントを追加できません。
WW066 トレースを再表示できません : sa_diagnostic_tracing_level ロー %1 に無効なトレース指定があります。
WW067 トレースを再表示できません : ロー %2 でオブジェクト %1 の検出に失敗しました。
WW068 トレースを再表示できません : ロー %2 に指定されている %1 を収集するには、volatile_statistics を収集する必要があります。
WW069 ATTACH TRACING TO LOCAL DATABASE は、強力な暗号化が施されているデータベースでは使用できません。
WW070 HTTP ヘッダ '%1' は予約されてるため変更できません。
WW071 指定した HTTP ヘッダに不正な文字または非 ASCII 文字が含まれています。
WW072 指定した HTTP ヘッダは不正です。
WW073 カラム '%1' は、それを含んでいるテーブルのどのインデックスにも属していません。
WW074 ダウンロードをリトライできません。アップロードが完了していません。
WW075 部分ダウンロードが見つかりませんでした。
WW077 オペレーションに指定されているパブリケーションが多すぎます
WW078 デバイス上のファイルシステムにアクセスできません。
WW079 このデータベースはキー不使用の暗号化を使用するため、要求された操作を実行できません。
WW080 同期処理に戻ることができませんでした。
WW081 同期の情報が指定されていません。
WW082 データベース '%1' に対して指定したファイルシステム・ボリュームが見つかりません。
WW083 ローがデータベースのページ・サイズを超えているため、ローを格納できません。
WW084 最大パラメータ数 '%1' を超えました。
WW085 MIME タイプ '%1' が不正です。
WW086 '%1' 属性の '%2' 内でカッコが対応していません。
WW087 '%1' 属性の '%2' 内でカンマが見つかりません。
WW088 属性 '%1' で、'%3' と互換性のないオプション '%2' が設定されています。
WW089 テーブル '%1' の最大ロー・サイズを超過します。
WW090 ミラー '%1' がデータベース '%2' と一致しません。
WW091 SQL スクリプト DLL をロードできません。
WW092 クライアント・アプリケーションでは、データの転送は許可されていません ('%1')
WW093 クライアント・アプリケーションで、データの転送が許可されませんでした ('%1')
WW094 クライアント・ライブラリで、転送中のデータにアクセスする際にエラーが発生したことが報告されました ('%1')
WW095 トランザクション・ログ・ミラーリングは、データベース・ミラーリングで使用できません
WW096 オプション・ウォッチ・リストに含まれているため、データベース・オプション \"%1\" を設定できません
WW097 ログイン・ポリシー '%1' はすでに存在します
WW098 ログイン・ポリシー \"%1\" が見つかりません
WW099 このデータベースでは、ログイン・ポリシーはサポートされていません。
WW100 ログイン・ポリシー \"%1\" は使用中です
WW101 ユーザ '%1' はすでに存在します
WW102 クライアント・ライブラリで、転送中のオブジェクト ('%1') を開く際にエラーが発生したことが報告されました
WW103 クライアント・ライブラリで、転送中のオブジェクト ('%1') にアクセスする際にパーミッション・エラーが発生したことが報告されました
WW104 このデータベースでは、外部環境はサポートされていません。
WW108 外部ライブラリ '%1' は使用中です
WW109 外部ライブラリ '%1' をロードできませんでした
WW112 パススルー SQL スクリプトに失敗しました
WW114 Ultra Light データベース・ステータスがリストアされました。
WW115 破損したページ (ページ '%1') の読み込みをリトライしています。
WW116 ミラー・ファイルには、これより高い checksum_level が必要です。
WW118 データベース '%1' の暗号化に失敗しました
WW119 データベース '%1' の復号化に失敗しました
WW120 ミラーリングされたデータベースに対して '%1' 文を使用することはできません。
WW229 パラメータ '%1' に NULL は指定できません
WW230 操作は許可されていません
WW231 操作 '%1' は次の理由で失敗しました : '%2'
WW232 '%1' の変換中にアンダーフローが発生しました
WW234 自動データベース・アップグレードが適用されました
WX001 カラム名は %1 でなければなりません。
WX002 XML パーサ・エラー : %1
WX003 XPath パーサ・エラー : %1
WX004 OPENXML に渡されたフラグ値は不正です。
WX005 不正な FOR XML EXPLICIT タグ値 : '%1'
WX006 不明な FOR XML EXPLICIT ディレクティブ : '%1'
WX007 不正なカラム名 : '%1'
WX008 親が開いていません : '%1'
WX009 宣言されていないタグ ID : '%1'
WX010 カラム数が少なすぎます。
WX011 CDATA に名前が必要です。
WX012 XQuery コンストラクタが無効です。
WX013 XMLGEN 評価が失敗しました。
WX014 引数の名前がありません。
WX015 XML 出力に制御文字があります。
WX016 OPENXML クエリのメモリが足りません。