Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere 11 - 紹介 » SQL Anywhere 11 の概要 » データ交換テクノロジの概要

 

モバイル・エンタープライズ・メッセージング:QAnywhere

QAnywhere では、エンタープライズ・メッセージングをモバイル・アプリケーションに拡張できます。エンタープライズ・メッセージングは、ビジネス・アプリケーション間でデータを交換するのによく使われる、有効な方法です。QAnywhere は、使用されているエンタープライズ・メッセージング・システムと組み合わさって、モバイル・デバイス間やモバイル・デバイスとエンタープライズ間にメッセージを提供します。QAnywhere は、異種モバイル環境で情報の接続と統合を行う包括的な蓄積転送メッセージング・ソリューションです。

QAnywhere は、リモート・アプリケーションとモバイル・アプリケーションに、セキュアで保証されたメッセージ配信機能を提供します。QAnywhere によってネットワークの速度と信頼性の低下という課題が自動的に対処されるので、接続性、通信、セキュリティに関わる問題の代わりに、アプリケーションの機能に集中的に取り組むことができます。QAnywhere の蓄積転送テクノロジによって、ネットワークに接続されていない場合でも、アプリケーションは常に使用可能になります。

QAnywhere は、実証済みの Mobile Link 同期テクノロジをベースにしているので、占有容量が小さくてすみ、設定と管理の負荷が低くなっています。また、このデータ同期およびメッセージングの共通のインフラストラクチャによって、管理要件を大幅に削減し、配備を簡略化できます。

QAnywhere には、次のような特性があります。

  • モバイル・メッセージング・アプリケーションを構築するための強力で柔軟なプログラミング・モデルを使用した、包括的なメッセージング・インタフェース

  • バックエンドの JMS ベース・エンタープライズ・システムに接続するコネクタ

  • 圧縮およびトランザクション機能を持つ、信頼性が高く効率的なメッセージ配信

  • 128 ビットの暗号化を使用したセキュアなメッセージの保管と転送

  • ネットワークに依存しない通信

  • 配信待機中のメッセージの Push 通知

  • グラフィカルな管理ツール

QAnywhere の用途

QAnywhere は、次の用途に使用されます。

  • バックエンドのエンタープライズ・アプリケーション・サーバとメッセージング・システムをモバイル・アプリケーションに拡張する   QAnywhere を使用して、Java Messaging Service (JMS) をサポートするバックエンド・システムと簡単に統合できるモバイル・アプリケーションを開発できます。

  • モバイル・エンタープライズ・メッセージング機能を既存のデータ同期システムに追加する   QAnywhere は、Mobile Link 同期テクノロジをベースにしているので、両方の製品を 1 つのシステムに簡単に統合できます。また、共通のインフラストラクチャによって、管理要件を大幅に削減し、配備を簡略化できます。

    QAnywhere と Mobile Link は、複数の方法で結合して、データの移動や変更を制御できます。たとえば、リモート・アプリケーションに対してデータを同期し、そのデータを使用して注文を作成し、メッセージを中間層ビジネス・ロジック・アプリケーションに送信して処理させることができます。

  • ネットワークに依存しない通信を提供する   QAnywhere のメッセージはネットワーク・プロトコルに依存しないので、受信側アプリケーションは、通信に使用しているネットワーク・プロトコルが送信側と同じでなくても、QAnywhere メッセージを受信できます。

  • 随時接続環境での通信の実現する   メッセージングは蓄積転送機能を備えています。つまり、送信先アプリケーションにネットワークを介して接続できない場合でも、メッセージを作成しておくと、後でネットワークが使用可能になったときにそのメッセージが配信されます。

  • ルールベースの、条件に応じたメッセージ転送を使用する   QAnywhere では、メッセージの転送時期や配信時期を決定する規則を指定できます。たとえば、メッセージのプロパティやネットワークの転送コストなどを規則に追加できます。

  • モバイル Web サービスを作成する   モバイル Web サービスは、QAnywhere テクノロジを使用して、Web サービスをモバイル環境に拡張します。モバイル Web サービスを参照してください。

    QAnywhereを参照してください。


モバイル Web サービス