Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere 11 - 紹介 » SQL Anywhere 11 の概要 » データ交換テクノロジの概要 » モバイル・エンタープライズ・メッセージング:QAnywhere

 

モバイル Web サービス

Web サービス

Web サービスは、異なるプラットフォームや言語で実行されるアプリケーションによるデータの対話や交換を実現します。Web サービス・システムでは、各アプリケーションが 1 つのインタフェースを使用して、アプリケーションの情報を Web サーバに変換します。たとえば、SQL Anywhere は 独自の組み込み Web サービス・サーバまたは外部の Web サーバ経由で Web サービスの要求を送受信できます。この機能によって、他のアプリケーションが SQL Anywhere データベース内部に保存されている情報にアクセスできます。また、Web サービスは、サービス指向アーキテクチャ (SOA) で使用されます。

モバイル Web サービス

SQL Anywhere のモバイル Web サービスによって、使用している Web サービスをモバイル環境に拡張できます。モバイル Web サービスは、Web サービスの機能と利点と、SQL Anywhere が持つ先進的なモバイル・テクノロジを組み合わせて提供します。モバイル Web サービスを使用すると、モバイル・アプリケーションがオフラインであっても、 Web サービス要求を作成し、後で転送できるように要求をキューイングできます。モバイル Web サービスでは、要求と応答を確実に配信するために、QAnywhere メッセージング・テクノロジを使用しています。これにより、開発者は、接続された環境で作業している場合と同様に、Web サービスの開発やアクセスに集中できます。QAnywhere を使用すると、モバイル環境における要求と応答の転送、認証、直列化が簡単になります。

また、モバイル Web サービスには、次の特性があります。

  • セキュアな通信を実現するための、HTTP と HTTPS の両方をサポートする Web サービス・コネクタ

  • 開発を簡略化するプロキシ・クラスを生成する機能

モバイル Web サービスを使用する場合

モバイル Web サービスは、次の場合に使用されます。

  • Web サービスにモバイル・アプリケーションからアクセスするとき

  • 異なるシステム間のネットワーク接続が常時利用できないとき

モバイル Web サービスを参照してください。