Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » このヘルプの使い方 » この Eclipse ヘルプの使い方

 

SQL Anywhere Eclipse のヘルプのインストール

サポートされている UNIX、Linux、Mac OS X 環境では、SQL Anywhere Eclipse のヘルプは、SQL Anywhere のインストール環境の一部としてインストールされます。

♦  Microsoft Windows 環境にヘルプ・ファイルをインストールするには、次の手順に従います。
  1. eclipse_win32.zip ファイルを解凍し、ファイルを %SQLANY11% ディレクトリに抽出します。

  2. eclipse.ini を開き、ワークスペース・オプションと設定オプションがお使いのバージョンの Microsoft Windows に対して正しいことを確認します。eclipse.ini のデフォルトのロケーションは %SQLANY11%\Eclipse です。

♦  既存の Eclipse 開発者用環境にヘルプ・ファイルをインストールするには、次の手順に従います。
  1. com.sybase.help.sqlanywhere.11.0.1_jar プラグインを、Ecliplse のインストール・ディレクトリの eclipse\plugins フォルダにコピーします。

    Microsoft Windows 環境では、プラグインのデフォルトのロケーションは %SQLANY11%\Eclipse\Plugins です。

    UNIX、Linux、Mac OS X 環境では、プラグインのデフォルトのロケーションは $SQLANY11/eclipse/plugins です。

  2. Eclipse で、[ヘルプ] - [ヘルプ目次] を選択して、ヘルプ・ファイルが正しくインストールされていることを確認します。