Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » コンテキスト別ヘルプ » QAnywhere プラグインのヘルプ » QAnywhere プラグインのプロパティ・ウィンドウ

 

[エージェント設定] ウィンドウ:[ロギング] タブ

このタブには次の項目があります。

[エージェント・ロギングを有効にする]   このオプションを選択すると、Agent ロギングが有効になります。このチェックボックスをオフにすると、Agent ロギングは有効になりません。[ロギング] タブの他のオプションは、[エージェント・ロギングを有効にする] を選択した場合にのみ使用できます。

  • [ログを取るイベント]   ログを取るイベントを次の中から 1 つまたは複数選択します。チェックボックスをオフにすると、そのイベントはログが取られません。冗長レベルを上げ過ぎるとパフォーマンスに影響する可能性があるので、通常は冗長レベルを上げるのは開発段階だけにしてください。-v オプションを参照してください。

    • [メッセージの転送]   QAnywhere Agent によって開始されたメッセージ同期をすべて表示します。-v オプションを参照してください。

    • [送信の通知]   Push 通知をすべて表示します。QAnywhere Agent は、これらの通知を、Mobile Link サーバ上の Mobile Link Notifier を介して Listener ユーティリティから受信します。

    • [ルールの実行]   転送ルールを表すために使用される SQL を表示します。-v オプションを参照してください。

    • [同期クライアント]   dbmlsync のロギングをすべて表示します。このオプションを指定すると、SQL Anywhere 同期サーバ (dbmlsync) が冗長レベル -v+ で起動されます。dbmlsync に関する-v オプションを参照してください。

    • [ネットワーク・ステータスの変更]   ネットワーク・ステータス変化通知をすべて表示します。QAnywhere Agent は、これらの通知を Listener ユーティリティから受信します。-v オプションを参照してください。

    • [リスナ・イベント]   Mobile Link Listener のロギングをすべて表示します。このオプションを指定すると、Mobile Link Listener (dblsn) が冗長レベル -v3 で起動されます。Windows デバイス用の Listener ユーティリティの -v オプションを参照してください。

[ログの記録先]   ログ情報を格納するファイルのパスと名前を入力するか、[参照] をクリックしてファイルを選択し、[開く] をクリックします。ファイルがすでに存在する場合は、ファイルの末尾に新しいログ情報が追加されます。-o オプションを参照してください。

[起動時にファイルの内容を消去する]   このオプションを選択すると、ログ・ファイルの内容が起動時に消去されます。このチェックボックスをオフにすると、ファイルの内容は起動時に消去されません。-ot オプションを参照してください。

[ログ・ファイルのサイズを無制限にする]   ログ・ファイルのサイズを制限しない場合は、このオプションを選択します。

[ログ・ファイルのサイズを制限する]   ログ・ファイルのサイズを、事前に定義したサイズに制限する場合は、このオプションを選択します。

  • [サイズが制限値に達したら新しいログ・ファイルを開始]   新しいログ・ファイルを開始する前に、ログ・ファイルが達することができるサイズをキロバイト単位で入力します。最小のサイズ制限は 10KB です。デフォルトは 64 KB です。このオプションは、[ログ・ファイルのサイズを制限する] を選択した場合にのみ使用できます。-on オプションを参照してください。

    • [古いログ・ファイルを 1 つ保持]   このオプションを選択すると、古いログ・ファイルが 1 つ保持されます。最新のログ・ファイルが保持されます。-on オプションを参照してください。

    • [古いログ・ファイルをすべて保持]   このオプションを選択すると、古いログ・ファイルがすべて保持されます。-os オプションを参照してください。

参照