Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » コンテキスト別ヘルプ » [接続] ウィンドウのヘルプ

 

[接続] ウィンドウ:[ID] タブ (SQL Anywhere)

このタブには次の項目があります。

[ユーザ ID とパスワードの指定]   このオプションを選択すると、接続時のユーザ ID とパスワードを指定できます。

  • [ユーザ ID]   接続時のユーザ ID を入力します。SQL Anywhere データベースのデフォルトのユーザ ID は、DBA です。データベースに接続するためのパーミッションを持つユーザ ID を指定してください。Userid 接続パラメータ [UID]を参照してください。

  • [パスワード]   接続時のパスワードを入力します。デフォルトのユーザ、DBA を使って接続する場合の SQL Anywhere データベースのデフォルトのパスワードは、sql です。指定したユーザ ID に対する正しいパスワードを入力してください。パスワードでは大文字と小文字が区別されます。Password 接続パラメータ [PWD]を参照してください。

[統合化ログインを使用]   Windows で統合化ログインを使用してデータベースに接続するには、このオプションを選択します。

このオプションを選択した場合は、データベースのユーザ ID とパスワードを指定する必要がありません。Windows のユーザ ID とパスワードが SQL Anywhere の統合化ログインのメカニズムに渡されます。

統合化ログインを使用するには、ユーザに統合化ログインのパーミッションを付与するとともに、統合化ログインを受け入れるようにデータベースサーバを設定する必要があります。統合化ログインの使用方法を参照してください。

[なし]   ODBC データ・ソースを使用しない場合は、このオプションを選択して接続します。

[ODBC データ・ソース名]   このオプションを選択して、データベースに接続するためのデータ・ソース (格納されている一連の接続パラメータ) を選択します。このフィールドは DSN 接続パラメータに相当し、レジストリ内のデータ・ソースを参照しています。データ・ソースのリストを表示するには、[参照] をクリックします。

最近使用した ODBC データ・ソースをドロップダウン・リストから選択することもできます。DataSourceName 接続パラメータ [DSN]ODBC データ・ソースの作成を参照してください。

  • [ODBC データ ソース アドミニストレータを開く] ボタン   [ODBC データ ソース アドミニストレータを開く] ボタンをクリックすると、[ODBC アドミニストレータ] ウィンドウが表示されます。このウィンドウでは、利用できるデータ・ソースのリストから特定の ODBC データ・ソースを選択できます。特定のデータ・ソースを選択するには、そのデータ・ソースをリストから選択してから [OK] をクリックします。

    また、新しいデータ・ソースを作成したり、既存のデータ・ソースをこの接続用に設定したりすることもできます。

    [ODBC アドミニストレータ] ウィンドウの使用法については、ODBC データ・ソースの作成を参照してください。

ヒント

ODBC データ・ソースを使用すると接続情報を格納できます。接続情報を ODBC データ・ソースに格納しておくと、[接続] ウィンドウで同じ情報を繰り返して指定する必要がありません。たとえば、ODBC データ・ソースにユーザ ID がすでに含まれている場合は、[接続] ウィンドウの [ユーザ ID] フィールドにユーザ ID を入力しないでください。

ユーザ ID またはデータベース名など、[接続] ウィンドウで入力したすべての情報は、ODBC データ・ソースまたは ODBC データ・ソース・ファイルに格納されているパラメータよりも優先されます。

[ODBC データ・ソース・ファイル]   このオプションを選択して、接続で使用するデータ・ソース・ファイルを選択します。ファイルを検索するには、[参照] をクリックします。ODBC データ・ソース・ファイルは、UNIX システムでよく使用されます。

最近使用した ODBC データ・ソース・ファイルをドロップダウン・リストから選択することもできます。

ファイル・データ・ソースは、レジストリに保管される ODBC データ・ソースと同じ情報を持ちます。FileDataSourceName 接続パラメータ [FILEDSN]を参照してください。

[ツール]   次のツールを使用できます。

  • [接続テスト]   このツールは、指定された情報で正しく接続できるかどうかをテストします。このツールは、SQL Anywhere データベースに接続する場合にのみ使用できます。

    [詳細の表示] をクリックすると、データベース・サーバの検索に接続パラメータが使用される方法に関するデバッグ情報が表示されます。

  • [Windows Mobile プロキシ・ポートの設定]   このツールでは、Windows Mobile データベースに接続するための TCP/IP ポート・リダイレクタを設定できます (Windows Mobile サービスがインストールされている場合)。このツールは、ActiveSync がインストールされ、SQL Anywhere または Ultra Light のデータベースに接続している場合にのみ使用できます。

  • [ODBC データ・ソースとして保存]   このツールは、指定された情報に基づいて ODBC データ・ソースを作成します。[接続] ウィンドウを使用した ODBC データ・ソースの作成を参照してください。

  • [接続文字列をクリップボードにコピー]   このツールは、[接続] ウィンドウで指定された情報に基づく接続文字列をクリップボードにコピーします。

参照