Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » コンテキスト別ヘルプ » [ODBC 設定] ウィンドウのヘルプ » SQL Anywhere の ODBC ドライバ

 

[ODBC 設定] ウィンドウ:[ログイン] タブ

このタブには次の項目があります。

[統合化ログインを使用]   統合化ログインを使用して接続するには、このオプションを選択します。

このオプションを選択した場合は、ユーザ ID とパスワードを指定する必要がありません。オペレーティング・システムのユーザ ID とパスワードが SQL Anywhere の統合化ログインのメカニズムに渡されます。

統合化ログインを使用するには、ユーザに統合化ログイン・パーミッションが付与され、接続しようとしているデータベースも統合化ログインを受け入れるように設定されている必要があります。DBA アクセス権を持つユーザのみが統合化ログインのパーミッションを管理できます。

詳細については、統合化ログインの使用方法を参照してください。

[ユーザ ID とパスワードの指定]   接続時のユーザ ID とパスワードを指定する場合は、このオプションを選択します。

  • [ユーザ ID]   接続時のユーザ ID を入力します。データベースに接続するためのパーミッションを持つユーザ ID を指定してください。

  • [パスワード]   接続時のパスワードを入力します。指定したユーザ ID に対する正しいパスワードを入力してください。パスワードでは大文字と小文字が区別されます。

    注意

    重大なセキュリティ・リスクがあるため、データ・ソースにパスワードを含めないようにしてください。

    • [パスワードの暗号化]   パスワードを暗号化形式でプロファイルに保存するには、このオプションを選択します。

      このオプションは、ODBC データ・ソースを作成するときだけに表示されます。dbmlsync ユーティリティを使ってこのウィンドウにアクセスするときには表示されません。

      詳細については、EncryptedPassword 接続パラメータ [ENP] を参照してください。

[データ・ソース名]   このオプションは、dbmlsync ユーティリティを使ってこのウィンドウを開いた場合にだけ表示されます。このオプションを選択して、データベースに接続するためのデータ・ソース (格納されている一連の接続パラメータ) を選択します。このフィールドは DSN 接続パラメータに相当し、レジストリ内のデータ・ソースを参照しています。データ・ソースのリストを表示するには、[参照] をクリックします。

[データ・ソース・ファイル]   このオプションは、dbmlsync ユーティリティを使ってこのウィンドウを開いた場合にだけ表示されます。このオプションを選択して、接続で使用するデータ・ソース・ファイルを選択します。ファイルを検索するには、[参照] をクリックします。ODBC データ・ソース・ファイルは、UNIX システムでよく使用されます。