Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ・ウィンドウの概要

 

[同期プロファイルのプロパティ] ウィンドウ:[詳細 Dbmlsync] タブ

このタブには次の項目があります。

[Mobile Link パスワード]
  • [パスワード]   ユーザのパスワードを入力します。パスワードでは大文字と小文字が区別されます。パスワードの設定を参照してください。

  • [新しいパスワード]   ユーザの新しいパスワードを入力します。パスワードでは大文字と小文字が区別されます。

  • [新しいパスワードの確認]   [新しいパスワード] フィールドに入力したパスワードをもう一度入力して確認します。2 つのフィールドの内容は、完全に一致している必要があります。パスワードでは大文字と小文字が区別されます。

[冗長性]

dbmlsync のメッセージ・ログ・ファイルにログを取り、dbmlsync のメッセージ・ウィンドウに表示する情報を指定できます。冗長レベルを上げ過ぎるとパフォーマンスに影響する可能性があるので、通常は冗長レベルを上げるのは開発段階だけにしてください。-v オプションを参照してください。

  • [なし]   ロギングを無効にするには、このオプションを選択します。これはデフォルトです。

  • [基本 + 次の設定]   少量の情報のログを取るように指定するには、このオプションを選択します。次の 1 つまたは複数の設定を選択します。

    • [アップロード]   アップロード・ストリームに関する情報のログを取ります。VerboseUpload (vu) 拡張オプションを参照してください。

    • [ダウンロード]   ダウンロード・ストリームに関する情報のログを取ります。

    • [ロー数]   アップロードとダウンロードされたロー数のログを取ります。VerboseRowCounts (vn) 拡張オプションを参照してください。

    • [ロー・データ]   アップロードとダウンロードされたローの値のログを取ります。VerboseRowValues (vr) 拡張オプションを参照してください。

    • [オプション]   dbmlsync を起動するときに指定したコマンド・ライン・オプション (拡張オプションを含む) に関する情報のログを取ります。Verbose (v) 拡張オプションを参照してください。

    • [フック]   フック・スクリプトに関連するメッセージのログを取ります。VerboseHooks (vs) 拡張オプションを参照してください。

  • [高]   すべてのログ・オプションをオンにするには、このオプションを選択します。冗長レベルを上げ過ぎるとパフォーマンスに影響する可能性があるので、通常は冗長レベルを上げるのは開発段階だけにしてください。-v オプションを参照してください。

[接続文字列]   dbmlsync のメッセージ・ログに接続文字列を含めるには、このオプションを選択します。

[Mobile Link パスワード]   dbmlsync のメッセージ・ログにパスワードを含めるには、このオプションを選択します。