Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ・ウィンドウの概要

 

[同期プロファイルのプロパティ] ウィンドウ:[基本 Dbmlsync] タブ

このタブには次の項目があります。

[サブスクリプション]
  • [パブリケーション]   同期するパブリケーションを指定するには、このオプションを選択します。パブリケーションは同期プロファイル内で 1 回しか指定できませんが、コマンド・ライン・オプションは複数回指定できます。-n オプションを参照してください。

  • [Mobile Link ユーザ]   Mobile Link ユーザを指定するには、このオプションを選択します。

[同期タイプ]
  • [双方向]   双方向の同期を行うには、このオプションを選択します。-bc オプションを参照してください。

  • [アップロード専用]   アップロード専用同期を行うには、このオプションを選択します。-uo オプションを参照してください。

  • [ダウンロード専用]   ダウンロード専用同期を行うには、このオプションを選択します。-ds オプションを参照してください。

  • [ダウンロードを続行]   以前に失敗したダウンロードを再開するには、このオプションを選択します。-bc オプションを参照してください。

  • [ダウンロード・ファイルを作成]   ダウンロード・ファイルを作成するには、このオプションを選択します。ダウンロード・ファイルの名前を指定します。ダウンロード・ファイルにはファイル拡張子 .df を使用してください。

    オプションでパスを指定できます。パスを指定しない場合、デフォルト・ロケーションは dbmlsync の現在の作業ディレクトリ (dbmlsync が起動されたディレクトリ) です。-bc オプションを参照してください。

    • [ダウンロード・ファイルの追加文字列]   必要に応じて、-be filename と指定して、リモート・データベースで検証可能な文字列を指定できます。-be オプションを参照してください。

      まだ同期していないリモート・データベースのダウンロード・ファイルを作成するには、-bg filename と指定します。-bg オプションを参照してください。

    • [世代番号の更新]   同期サブスクリプションの世代番号を指定します。

      世代番号とは、リモート・データベースがデータをアップロードしてからダウンロード・ファイルを適用するようにするためのメカニズムです。データベース上の同期サブスクリプションごとに異なる世代番号が自動生成されます。Mobile Link の世代番号を参照してください。

  • [ダウンロード・ファイルを適用]   指定したダウンロード・ファイルを適用するには、このオプションを選択します。-ba オプションを参照してください。

  • [ping]   Mobile Link サーバに対して ping を実行するには、このオプションを選択します。このオプションでは、Ultra Light クライアントと Mobile Link サーバの間の通信が確認されるだけで、データは同期されません。-pi オプションを参照してください。

[アップロードのトランザクション]   リモート・データベースの各トランザクションを、1 つの同期内で独立したトランザクションとしてアップロードするかどうかを選択します。-tu オプションを参照してください。

[ダウンロード読み込みサイズ]   再起動可能なダウンロードについて、通信障害の後に再送する必要があるデータの最大値を指定します。-drs オプションを参照してください。