Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » コンテキスト別ヘルプ » Mobile Link プラグインのモデル・モードのヘルプ » Mobile Link モデル・モードのウィザード

 

同期モデル展開ウィザード:[既存のリモート・データベース] ページ

このページでは、リモート・データベースを更新するコマンド・ファイルと SQL ファイルに同期モデルを展開して後で実行するか、すぐにリモート・データベースに接続してデータベースを更新するかを指定できます。

このページには次の項目があります。

[次の SQL ファイルに変更を保存する (同じフォルダにコマンド・ファイルを作成する)]   このオプションを選択して、SQL ファイルの名前とロケーションを指定するか、[参照] をクリックしてファイルを選択します。コマンド・ファイルも同じロケーションに作成されます。

  • [リモート・スキーマを作成するための SQL コマンドを含める]   このオプションを選択すると、リモート・スキーマを作成するための SQL コマンドが含まれます。このオプションを使用すると、既存のスキーマを上書きできます。このオプションを使用して展開すると、既存のリモート・データベースのテーブルのうち、モデルのテーブルと同じ名前を持つテーブルが削除されて再作成されます。このオプションは、変更を直接適用するためにリモート・データベースに接続していない場合のみ適用されます。

  • [リモート・データベースのタイプ]   ドロップダウン・リストから SQL Anywhere または Ultra Light を選択して、リモート・データベースのタイプを指定します。

[リモート・データベースに接続して変更を直接適用する]   このオプションを選択すると、同期モデルがリモート・データベースに直接展開されます。既存のデータベース・スキーマは、モデルのリモート・データベース・スキーマと一致する必要があります。

[リモート・データベースの選択]   同期モデルを展開するリモート・データベースをクリックして選択します。[接続] ウィンドウが表示されます。リモート・データベースに接続するための接続情報を指定します。

参照