Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ・ウィンドウの概要

 

[パラメータのプロパティ] ウィンドウ:[一般] タブ

このタブには次の項目があります。

[名前]   選択されているユーザの名前が表示されます。

[タイプ]   オブジェクトのタイプが表示されます。

[プロシージャ]   パラメータが属するプロシージャの名前が表示されます。また、カッコ内にそのプロシージャの所有者の名前が表示されます。

[データ型]   パラメータのデータ型が表示されます。有効なデータ型のリストについては、SQL データ型を参照してください。

[パラメータ・タイプ]   パラメータのタイプが表示されます。パラメータのタイプは次のいずれかです。

  • [変数]   通常のプロシージャ・パラメータ。

  • [結果]   プロシージャによって返された結果セット内の特定のカラム。

  • [戻り値]   戻り値。このパラメータ・タイプが使えるのは、関数の場合だけです。

  • [SQLSTATE]   特殊な SQLSTATE 出力パラメータ。このパラメータは、プロシージャ終了時に SQLSTATE 値を出力する OUT パラメータです。CREATE PROCEDURE 文 [Web サービス]を参照してください。

  • [SQLCODE]   特殊な SQLCODE 出力パラメータ。このパラメータは、プロシージャ終了時に SQLCODE 値を出力する OUT パラメータです。CREATE PROCEDURE 文 [Web サービス]を参照してください。

[モード]   パラメータのモードが表示されます。モードの値は次のいずれかです。

  • [入力]   このパラメータは、ファンクションに値を与える式です。

  • [出力]   このパラメータは、ファンクションから値を受け取ることがある変数です。

  • [入力/出力]   このパラメータは、ファンクションに値を与え、ファンクションから新しい値を受け取ることがある変数です。

参照