Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ・ウィンドウの概要

 

[データの再表示] ウィンドウ

このウィンドウには次の項目があります。

[再表示操作で使用する独立性レベルを選択してください]   次のいずれかの独立性レベルを選択し、基本となるベース・テーブルで再表示中に使用するロックの種類を指定します。ロックの種類によって、マテリアライズド・ビューの移植方法とトランザクションの同時実行性への影響が決まります。

  • [コミットされない読み出し (レベル 0)]   このオプションは最大レベルの同時実行性を提供しますが、結果セットにダーティ・リード、繰り返し不可能読み出し、幻ローが発生する場合があります。

  • [コミットされた読み出し (レベル 1)]   このオプションはレベル 0 よりも低い同時実行性を提供しますが、レベル 0 の結果セットに見られる不整合性が一部解消されます。繰り返し不可能読み出しや幻ローが発生することはありますが、ダーティ・リードは発生しません。

  • [繰り返し可能読み出し (レベル 2)]   このオプションでは幻ローの発生が許可されます。ダーティ・リードと繰り返し不可能ローは発生しません。

  • [直列化可能 (レベル 3)]   このオプションは最低レベルの同時実行性を提供する、もっとも厳しい独立性レベルです。ダーティ・リード、繰り返し不可能読み出し、幻ローは発生しません。

  • [スナップショット]   このオプションは、トランザクションが最初のローの読み込み、挿入、更新、または削除を行った時点から、コミットされたデータのスナップショットを使用します。ビューが手動ビューで、データベースでスナップショット・アイソレーションを使用している場合は、[スナップショット] がデフォルトです。

  • [共有モード]   このオプションを選択すると、リフレッシュ操作中に、基本となるテーブルを他のトランザクションで読み込むことができます。この句を指定すると、リフレッシュ操作が実行される前から、リフレッシュ操作で REFRESH MATERIALIZED VIEW 文 が完了するまで、基本となるすべてのベース・テーブルの共有テーブル・ロックが取得されます。

    ビューが手動ビューで、データベースでスナップショット・アイソレーションを使用していない場合は、[共有モード] がデフォルトです。また、ビューが即時ビューの場合は、スナップショット・アイソレーションが有効かどうかに関係なく、[共有モード] がデフォルトです。

  • [排他モード]   このオプションを選択すると、基本となるすべてのベース・テーブルに排他ロックが適用されます。リフレッシュ操作が完了するまで、他のトランザクションで、基本となるテーブルに対してクエリ、更新、その他の操作を実行できません。排他テーブル・ロックを取得できない場合、再表示操作は失敗し、エラーが返されます。

    このモードは、独立性レベルを変更しないが、基本となるテーブルにコミットされたデータと矛盾しないようにデータを確実に更新したい場合に選択します。REFRESH MATERIALIZED VIEW 文を参照してください。

参照