Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ・ウィンドウの概要

 

[データベースの開始] ウィンドウ

このウィンドウには次の項目があります。

[サーバ]   データベースが開始されると、選択したデータベース・サーバの名前が表示されます。

[データベース・ファイル]   サーバ・コンピュータにある SQL Anywhere のデータベース・ファイルのフル・パスと名前を入力します。たとえば、C:\databases\mydatabase.db のように入力します。

[参照] ボタンをクリックしてファイルの場所を探すこともできます。

[暗号化キー]   データベースを開始するための暗号化キーを指定します。強力に暗号化されたデータベースを開始するには、暗号化キーを指定する必要があります。このフィールドは、強力に暗号化されたデータベースに対してのみ有効です。

次の項を参照してください。

[データベース名]   接続するデータベースの名前を入力します。ファイル名の代わりに、クライアント・アプリケーションのユーザにとってさらにわかりやすい名前をデータベースに付けることができます。複数のデータベースが同時にデータベース・サーバで実行できるため、データベース名を指定することによって、同一データベース・サーバで実行しているデータベースを区別できます。データベースが停止するまでは、指定する名前によって識別されます。

データベース名はオプションです。データベース名を指定しないと、データベース・ファイル名のルート (.db 拡張子を省いたファイル名) がデフォルトのデータベース名になります。たとえば、データベース sample.db がある場合、デフォルトのデータベース名は sample です。

注意

データベース名を utility_db にしないでください。この名前は、ユーティリティ・データベースのために予約されています。ユーティリティ・データベースの使用を参照してください。

[最終切断後にデータベースを停止]   このオプションを選択すると、最後の接続が終了したときにデータベースが停止します。

このオプションは、データベース・サーバを自動的に停止する -ga サーバ・オプションとは違います。

参照