Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ・ウィンドウの概要

 

[データベース・オプション] ウィンドウ

このウィンドウで設定するすべてのオプションは、PUBLIC グループに対して設定されます。PUBLIC グループのオプション値を変更すると、独自の数値を設定していない全ユーザのオプション値を変更することになります。ただし、オプションに PUBLIC グループの設定がされていないと、個々のユーザ ID にそのオプション値を設定することはできません。

注意

オプションを変更した場合、すぐに有効になる設定もありますが、それ以外の設定を有効にするためにはデータベースを再起動してください。

このウィンドウには次の項目があります。

[データベース]   選択されているデータベースの名前が表示されます。

[表示]   オプション・タイプのリストが表示されます。たとえば、[データベース・オプション] を選択すると、データベースに関連するオプションのみが [オプション] リストに表示されます。

[オプション] リスト   [表示] リストで選択したオプションのタイプに基づいて、オプションの設定とデフォルト値が表示されます。オプションの選択が済んだら、ウィンドウの横にあるボタンが使用可能になります。

[新規]   [パブリック・オプションの作成] ウィンドウが表示されます。このウィンドウで、新しいオプションを定義して値を設定できます。

[すぐに削除]   選択されているオプションをリストから削除します。

[恒久的な設定を行う]   データベースのオプション設定を恒久的に変更するには、[オプション] リストからオプションを選択して、設定を [値] フィールドに入力し、[恒久的な設定を行う] をクリックします。

[値]   [オプション] リストからオプションを選択して、設定を [値] フィールドに入力します。[恒久的な設定を行う] をクリックすると、恒久的な設定にできます。

アルファベット順のオプション・リストを参照してください。

参照