Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ・ウィンドウの概要

 

[統合ユーザのプロパティ] ウィンドウ:[パーミッション] タブ

このタブには次の項目があります。

[パーミッション] リスト   統合ユーザがパーミッションを持っているすべてのテーブルと、各テーブルを所有するユーザが表示されます。各ユーザの横に表示されるフィールドをクリックすると、パーミッションの付与または取り消しができます。フィールドをダブルクリックすると (チェック・マークと 2 つの + 記号が表示される)、ユーザにパーミッションの付与オプションを与えることができます。

[表示]   [パーミッション] リストに表示するオブジェクトのタイプを選択します。

  • [テーブル]   統合ユーザがパーミッションを持っているすべてのテーブルが表示されます。

  • [ビュー]   統合ユーザがパーミッションを持っているすべてのビューが表示されます。

  • [プロシージャとファンクション]   統合ユーザがパーミッションを持っているプロシージャとファンクションがすべて表示されます。プロシージャとファンクションに対して付与できるのは実行パーミッションだけです。

  • [DB 領域]   統合ユーザがパーミッションを持っているすべての DB 領域が表示されます。DB 領域には作成パーミッションだけを付与できます。

次に、統合ユーザが持つことができるパーミッションを示します。

  • S: 選択   テーブルまたはビューの情報を見ることができる。

  • I: 挿入   テーブルまたはビューにローを追加できる。

  • D: 削除   テーブルまたはビューからローを削除できる。

  • U: 更新   テーブルまたはビューのローを更新できる。このパーミッションは、テーブルやビューのカラムのセットに設定することもできる。

  • A: 変更   テーブルの構造を変更したり、テーブルにトリガを設定したりできる。

  • R: 参照   テーブルにインデックスを作成し、そのテーブルを参照する外部キーを作成できる。

  • チェック・マーク   [付与]

  • チェック・マークと ++   付与オプション付きの付与

参照