Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ・ウィンドウの概要

 

[ビューのプロパティ] ウィンドウ:[一般] タブ

このタブには次の項目があります。

[名前]   ビューの名前が表示されます。

[タイプ]   オブジェクトのタイプが表示されます。

[所有者]   オブジェクトを所有するデータベース・ユーザが表示されます。

[ステータス]   オブジェクトのステータスが表示されます。次の値がサポートされます。

  • [有効]   ビューは有効で、その定義と一貫性があることが保証されています。データベース・サーバは、追加の作業なくこのビューを利用できます。通常のビューのステータスを参照してください。

  • [無効]   ビューは無効です。ビューは、たとえば参照先オブジェクトのスキーマが変更された後にビューを有効にできなかった場合に無効になります。ビューが参照するテーブルやビューを削除した場合も、そのビューは無効になります。

    クエリなどによって無効なビューが参照されると、データベース・サーバはそのビューの再コンパイルを試行します。コンパイルに成功すると、クエリが処理されます。ビューを明示的に有効にしないかぎり、ステータスは無効のままです。失敗した場合は、エラーが返されます。通常のビューのステータスを参照してください。

  • [無効]   ビューは、ユーザによって明示的に無効化されました。無効にされたビューは、データベース・サーバがクエリに応答するために使用できません。無効にされたビューを使用しようとするクエリは、エラーを返します。通常のビューのステータスを参照してください。

[再コンパイルして有効にする]   クリックすると、ビューが再コンパイルされて有効になり、データベース・サーバで使用できるようになります。

ビューを有効にする前に、そのビューが参照しているその他のビューが無効であればもう一度有効にする必要があります。通常のビューの有効化と無効化を参照してください。

[すぐに無効にする]   クリックすると、ビューが無効になります。データベース・サーバでは、ビューの定義はデータベース内に保持されますが、ビューは使用できなくなります。

ビューを無効にすると、そのビューを明示的に参照するクエリと、そのビューを直接的または間接的に参照するビューにも影響を与えます。通常のビューの有効化と無効化を参照してください。

[コメント]   ビューの説明を入力します。たとえば、システムにおけるそのビューの目的を、この領域に記述できます。後でデータベース・ドキュメント・ジェネレータを使用して、SQL Anywhere データベースをドキュメント化する場合、これらのコメントを出力に含めることができます。データベースのドキュメント化を参照してください。

参照