Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ・ウィンドウの概要

 

[マテリアライズド・ビューのプロパティ] ウィンドウ:[その他] タブ

このタブは、マテリアライズド・ビューだけに適用されます。

このタブには次の項目があります。

[ローの数]   ビューのローの概数を示します。この値を更新するには、[計算] をクリックします。

  • [計算]   ビューのローの数を計算します。

[空き領域]   マテリアライズド・ビューに使用する各データベース・ページに確保する空き領域のサイズを指定します。空き領域は、たとえば更新によってローのサイズが拡大したときに使用されます。

  • [デフォルト]   このオプションを選択すると、ページごとに 200 バイトが予約されます。

  • [パーセンテージ]   このオプションを選択した場合、0 ~ 100 までの整数を指定します。0 を指定すると、各ページに空き領域は残らず、各ページが完全にパックされます。高い値に設定すると、各ローは単独でページに挿入されます。

空き領域の設定がどのように使用されるかについては、ALTER VIEW 文の PCTFREE 句を参照してください。ALTER VIEW 文を参照してください。

[マテリアライズド・ビューのデータは暗号化済み]   暗号化スコープとしてテーブルを指定してデータベースを作成するときに、このオプションを選択すると、このマテリアライズド・ビューのデータが暗号化されます。

参照