Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Remote » SQL Remote の配備と管理 » SQL Remote の管理

 

メッセージ・サイズの制御

この項では、Message Agent (dbremote) のメッセージのエンコードと圧縮スキームについて説明します。

Message Agent には、次のエンコードと圧縮の機能があります。

  • 互換性   システムは、SQL Anywhere の古いバージョンと互換性を持つように設定されています。SQL Remote のアップグレードを参照してください。

  • 圧縮   メッセージの圧縮レベルを選択できます。

    メッセージのサイズは、メッセージがシステムを介して渡されるときの効率に影響を与えます。圧縮したメッセージは、圧縮していないメッセージよりも効率的にメッセージ・システムで処理されます。ただし、圧縮の実行にかなりの時間がかかります。compression オプション [SQL Remote]を参照してください。

  • エンコード   SQL Remote ではメッセージをエンコードして、メッセージが破壊されずにメッセージ・システムを介して確実に渡されるようにします。エンコード・スキームをカスタマイズすると、特別な機能も使用できるようになります。エンコード:メッセージ破壊の回避を参照してください。

メッセージの最大長に関する SQL Remote の稼働条件については、Message Agent (dbremote) の稼働条件を参照してください。


エンコード:メッセージ破壊の回避