Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Remote » SQL Remote の配備と管理 » SQL Remote の管理 » SQL Remote のパフォーマンス向上

 

メッセージ受信時のパフォーマンス向上

SQL Remote システムの全体のスループットにおける主なボトルネックは、一般的に、多くのリモート・データベースからメッセージを受信して、それをデータベースに適用することです。このラグ・タイムを短縮するには、Message Agent (dbremote) を継続モードで実行している場合に、次の変数を調整します。


新しいメッセージを確認するポーリング間隔の調整
メッセージのキャッシュによるスループットの調整
メッセージの再送要求の調整
ワーカ・スレッド数の調整