Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Remote » SQL Remote のレプリケーション設計 » SQL Remote のレプリケーション設計と設定 » ユーザ・パーミッション » PUBLISH パーミッション

 

パブリッシャの作成

次の手順を使用して、ユーザを作成して PUBLISH パーミッションを付与します。

♦  パブリッシャを作成するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. パブリッシャの役割を果たすユーザを作成します (まだ存在しない場合)。

    1. 左ウィンドウ枠で、[ユーザとグループ] フォルダを選択します。

    2. [ファイル] - [新規] - [ユーザ] を選択します。

    3. ユーザ作成ウィザードの指示に従います。ユーザにパスワードを割り当てます。

  3. [ユーザとグループ] フォルダで、作成したユーザを右クリックして [パブリッシャに変更] を選択します。

♦  パブリッシャを作成するには、次の手順に従います (SQL の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. CREATE USER 文を実行して、パブリッシャの役割を果たすユーザを作成します。ユーザにパスワードを割り当てます。

    たとえば、次の例では、パスワード sql を指定して cons という名前のユーザを作成します。

    CREATE USER cons IDENTIFIED BY SQL;
  3. GRANT CONNECT 文を実行して、ユーザに CONNECT パーミッションを付与します。GRANT 文を参照してください。

    たとえば、次の文では、ユーザ cons に CONNECT パーミッションを付与します。

    GRANT CONNECT TO cons IDENTIFIED BY SQL;
    
  4. GRANT PUBLISH 文を実行して、ユーザに PUBLISH パーミッションを付与します。GRANT PUBLISH 文 [SQL Remote]を参照してください。

    たとえば、次の文では、ユーザ cons に PUBLISH パーミッションを付与します。

    GRANT PUBLISH TO cons;
    
抽出ユーティリティ (dbxtract)

抽出ユーティリティ (dbxtract) またはデータベース抽出ウィザードでリモート・データベースを抽出すると、リモート・ユーザがリモート・データベースのパブリッシャになり、PUBLISH パーミッションが付与されます。

参照